日本帰省

里帰り2016年―東日本編

更新の勢いが止まらないうちに、昔の話の日本帰国記録を残させて頂きます。今回で完結です^^

skyscraper.jpg

すっかり田舎者なっちゃった私にとって、東京はまぶしい限り。

tocho.jpg

高いところが好きなので、とりあえず、都庁に上りました。

tocho_view.jpg

良く晴れていたので、景色が綺麗に見えました。

kamakura_daibutsu.jpg

そして、その同じ日に、欲張って鎌倉にも行きました。

そしてそして、せっかくここまで来たのだから、湘南まで足を延ばして、名物の生シラス丼を食べようと、有名店「江ノ島小屋」に行ったものの、やはり予約なしでは1時間弱待ちとのこと。

「これからスカイツリーを見に行くつもりなので、残念ですけどそこまで長く待つのは無理ですねー。」と、私が言ったら、

「えっ!?今から??」

と、ドン引きされました。シラス丼だけに。

海外在住者の特権、JRパスを持っていると、地元の方達がびっくりしちゃうようなスケジュールを組んでしまいがちであることに気が付きました。今回初めて利用しましたが、新幹線乗り放題、素敵すぎます!^^

skytree_outside.jpg

スカイツリーは、ちゃんと閉館2-3時間前くらいに着いたので、ゆっくり楽しむことが出来ました。

skytree_dance.jpg

夜景はもちろん、ダンスショーもあって、見ごたえ充分。

tsukiji.jpg

次の日は築地で昼ごはん食べた後に、日光へ向かいました。

yuko.jpg

日光と言えば、東照宮。

ですが、

どうもあの有名な門が改装工事中とかなんとかいう話を聞いたので、この際無視して(笑)ホテルを予約している奥日光へ直行しました。

morino_hotel.jpg

「森のホテル」さん、お勧めです。レビュー通り、ごはんが美味しかったです。

morino_hotel_supper.jpg

ただ、こういういいお肉の場合は、卓上のコンロじゃなくて、シェフがちゃんと調理してくれたほうが絶対美味しいのになぁと、そこだけがちょっと残念でした。

wagyu.jpg

一番印象に残ってるのは、朝ごはんで出てきた、特製のだし巻き卵。

私が今まで食べた中で1番かもしれないです。卵ってこんなに美味しいのか―って感じです。

dashimaki.jpg

もう一度この朝ごはんを食べるためだけに、ここに来る価値はあると、個人的に思います。

waterfall.jpg

とりあえず、滝見て。

ryuzu_waterfall.jpg

滝見て。

kegon_waterfall.jpg

もうええやろうっていうくらい滝見て、マイナスイオンをさんさんと浴びた後、実家のある大阪に帰りました。

tree_nikko.jpg

また日本に里帰りする時には、もっと旅行したいです^^



里帰り2016年―西日本編

もう2年以上も前の昔の話になりますが、日本に里帰りした時、写真をいっぱいとったので、西と東編に分けてアップしておきます。

子猫が家族に加わって、また更に旅行しづらくなったから、次に帰れるのはいつになることやら・・・。ただでさえ出不精なのに^^;

deer_miyajima2.jpg

日本への里帰りはごく稀なので、なるべく旅行するなり、人に会うなり、何かをするように心がけています。

松島以外の日本三景、実家から近いにも関わらず、行ったことがないのが気になっていたので、張り切って行ってきました。

deer_miyajima.jpg

鹿の写真ばっかり(笑)

deer_miyajima3.jpg

ここでドア開けてあげたら、どうなるやろう?って想像して、ドキドキしちゃったりとか。

shrine-miyajima.jpg

鹿以外の写真もちゃんとありました。

beer_bento.jpg

新幹線+ビール+弁当は私の幸せのレシピ^^

Amano_hashidate.jpg

おかんと二人仲良く天の橋立にも行ってきました。

Fortune_slip.jpg

なんとこじゃれたおみくじ!

nagomitei.jpg

日帰りでも行けるところだったけど、折角なので奥伊根まで足を延ばして、温泉旅館に泊まることにしました。

「油屋別館・和亭」さん、お勧めです。

inemankai.jpg

美味しいお酒とごはんは、帰国の楽しみの一つです。

funaya.jpg

舟屋の家の雰囲気って、めっちゃ私好みです。映画や朝ドラの撮影現場にもなったらしいですね。

ramen.jpg

日本って、なんで食べ物がなんでも美味しいんでしょうか?

memory-trigger.jpg

タイムカプセルにしてたランドセルを開けて、思い出に浸ったり。過去を懐かしむくらい、年取っちゃったんだなぁ。しかし6年生になった時点でもピカピカだったはずのランドセルが、実家の押入れの奥で、びっくりするくらい劣化してました。なので、思い入れのある中身だけとっておいてもらって、後は処分して頂くことになりました。

letter-from-thepast.jpg

憧れだったピアノの先生とのお手紙交換とか入ってるかなーって期待してたのに、それらはなく・・・。

その代わりに、宛名といい、便せんのチョイスといい、突っ込みどころが満載な上、中身も自分で若干ひくくらいアホな手紙が入ってました。すっかり忘れてたので、30とっくに過ぎた時点で読むことになったという件。どうも高校生くらいの時に一旦開けて、書いていれたもののようです。

未来の自分を落胆させたくないので、もう自分への手紙は書くまいと、心にきめました。

このほかには、都合の会う友達とごはん食べに行ったり、スーパー銭湯等々、地元お決まりコースを満喫しました^^

次は東日本編です。




日本帰省 其の8

ほんと、あっという間に過ぎてしまった18日間の日本帰省。

koinobori.jpg

もっともっと書きたいことが、

sticky_willy.jpg

いっぱいあるのだけど、

osaka_garden.jpg

キリがないのでこれが最終回。

cake_takarazuka.jpg

この帰省で、やっぱり自分は日本が大好きなんだと、再確認しました。

日本を去る前日に、荷物の確認を済ませた後、それでもなんとなく「何か」を
忘れているような気分になってしまうのは、私だけでしょうか?そんな話をしていたら、

「お母さんへのハグとチューちゃうん?」

と、オカン。

「いや、それはむしろ忘れたいから。」

と、そっけない私。

でも一応、別れ際にハグだけは忘れないでおきました(笑)父と母には滞在中に
色々とお世話になったので、ここでもお礼を言っておきます。どうもありがとう。

gohan_me.jpg

ちなみに、ごはんをつくってもらってばっかりでは、悪いと思って、私も2回だけ
晩御飯を担当しました。慣れない台所で料理するのって、難しくて、あんまり
美味しくできませんでしたが、喜んでもらえたみたいです。

また、スコットランドにも遊びに来てな。庭仕事手伝ってな。(ボソッ 笑)

japan_plane.jpg

飛行機の中から、どんどん遠ざかる日本を、ちょっと切ない気分で見ていました。
ばいばい日本。またいつか帰ってくるね。

イギリス情報ランキングへ
↑ランキングの応援、どうもありがとうございます。ようやく次回から
いつものスコットランドの田舎生活ネタに戻ります。

日本帰省 其の7

私が日本に帰った時期は、ちょうど桜の時。

osaka_cherry_blossom.jpg

咲き始めから満開まで、街がどんどんピンクに染まっていく姿を、
楽しむことが出来ました。

せっかくこの時期に帰ったのだから、絶対お花見がしたいと思っていて、
高校の友達との同窓会めいた集いを、お花見で実現することにしました。

arashiyama.jpg

場所は京都の嵐山。ミクシーを通じてざっくり呼びかけて、結果、私を含め、
10人集まってくれることに。

arashiyama2.jpg

その前日まであれだけ晴れてたのに、残念ながら、お花見当日は雨!!

ぜったい私、神様に嫌われてる。

朝から雨が降った場合を想定して、お食事所の目星はつけておいたものの、
降りだしたのは丁度、現地についた頃・・・。とりあえず、小雨だし、せっかく
お弁当用意したしってことで、ゴリ押しっぽく花見決行(笑)


arashiyama4.jpg イエーイ。ピースピース。こうなったらヤケクソやー。

arashiyama5.jpg さむいね。うん、ものすごくさむいね。


きっとこんなことも、笑って話せる日がいつか来るはず!!

寒いし、お弁当を食べた後は、とりあえずどこか建物の中に入ろうという
話になり、河原町まで移動して、カフェを探すことに。

でも、当たり前なのだけど、いきなり予約なしで10人が入れるカフェなんて、
実際なかなか無い(笑)なんちゃって幹事の私は、もうちょっと雨の日のことを
想定して、綿密に計画を立てるべきだったと、後悔の嵐!

そんな私をよそに、皆の的確な判断と行動により、なんとか無事、ファミレスに
おさまり、一件落着。

こんなドタバタながらも、なんだかんだ言って楽しかった今回の集い。
皆やっぱり基本的に高校の時から変わってないけど、もっとしっかり者に
なったような気がします。相変わらず、ふがいないの、私だけやん!

早く年相応の大人になりたいと、切に思いました。


***


その次の日、何かのあてつけのように、晴れ渡った空。

99_old_cherryblossom.jpg

近所を散歩中、缶ビールを片手に、花見を楽しむおじいさんに遭遇。

「わし、今年で99歳ですねん。もう遠くへはよう行かれへんさかい、
ここで桜を眺めとるんですわ。」

と、おじいさん。

「いやー99歳になんて見えませんよ。お若いですよ。」

なんて私が言うと、おじいさんは嬉しそうに、

「お酒が呑めるうちは、まだ大丈夫!呑めなくなったら、ハイッサヨナラ!」

・・・こんなことを、こんなに爽やかに言えてしまうなんて、ステキすぎます。

イギリス情報ランキングへ
↑ほんと英国に何の関係もない内容で、すみません。
でも、もしよろしければ、ポチっと押していって下さいね^^

日本帰省 其の6

これといって予定のない日、実家の近所を自転車でブラーリ。

shrine.jpg

初詣はいつもこの神社に来ていました。神社の桜はちょうど咲き始めたところ。

shrine_pigeon.jpg

何の変哲もないこの場所も、久しぶりに来ると、スペシャル感があります。
なんだかよくわからないけど、妙に幸せな気分になりました。

super_sento.jpg

午後は、私の中で「ステキスポット・ベスト10」に絶対ランクインしている、
スーパー銭湯へ。幸せバロメーターは、更に上がります。

morinaga_sento.jpg

湯上りに、フルーツ牛乳であると勘違いして買ってしまった、森永マミー。
幸せ5%減。

gohan_mum.jpg

家に帰ったら、母の美味しい手料理。しかも好物のカキフライ。
プラス、これまた母の手作りの梅酒で、私の幸せバロメーターは100を
かるく越えました。

日本に住んでいたら、フツーに週末とかにできるようなことが、今では叶わなくて。
なんでもない1日が、ものすごく幸せに感じました。

イギリス情報ランキングへ

あと2回くらいで、日本帰省ネタを完結させる予定ですので、今しばらく
ご辛抱のほど、よろしくお願い申し上げます。
| ホーム |  次のページ »