おすすめ

ジョハンナ・バスフォードさん

私がちょっと憧れてるスコットランド人のイラストレーター、ジョハンナ・バスフォードさん。

wonderbeasts.jpg

今、ダンディーのDCAで彼女の作品展が開催されています。

その作品展に向けて描かれた作品の一つに、「Wonderbeasts」と呼ばれるものが
あるんですけれども。これは、一般の人たちに、彼女に描いてほしい生き物をリクエストして
もらって、それを彼女が一つの作品にするという企画なんですね。

これは面白そうだと、私も2匹、リクエストしたんです。


1匹は、私のために。

もう一匹は、相方へのプレゼント(?)として。



結果、なぜか私用にリクエストしたナメクジが、カタツムリになってたんですけど(笑)

ナメクジと、カタツムリって、全く別の生き物ですよね???

ビミョーに納得いかないものの、ステキなカタツムリを描いて下さったので、
あえて文句は言わないことにしました。

あ、でも相方用にリクエストしたハチは、大・満・足!

bumchin_bumblebee.jpg

ちゃんとアゴが、オシリアゴになってるやん


*******


今、私と相方は、なにげにホリデー中なのですが、どこかに出かける代わりに、
庭の一大プロジェクトに取り掛かることになっています。

そう、昨日の夕方に配達されてきた、「秘密兵器」を使って・・・。

「秘密兵器」が何なのかは、また次回に。


スポンサーサイト

そこにある愛に背を向ける人

「愛」がテーマの作品に背を向けて、ひたすらスマホをいじっている人。

love_and_solitude.jpg

美術館に来てまで、なぜそうする必要があるのか、私なりに仮説を立ててみた。

1.誰かと待ち合わせをしている。

2.実は恋人とビデオ通話をしていて、後ろにハートが映りこむようにしている。

3.休憩中、とりあえず手持ち無沙汰なので、スマホをいじっている。

理由が何であれ、この作品と、この人が、ある意味一体化しているように思えた昼下がり。
その光景を、私もスマホでパチリ。

annie_lennox_house.jpg

今、アバディーンの美術館で、アニー・レノックス展が開催されています。
彼女の歴代のレコードや、衣装等が展示されていて、とても見ごたえがあるので、
機会があったら、是非見に行って下さい^^

それはそうと、数ヶ月程前、私もついにスマホデビューしました。
真っ赤なカバーをつけて、ゴキゲンです。

噂どおり、やっぱりものすごく便利。

便利なのだけど、それを四六時中、使っているような人には、なりたくないと思うのです。

友達の中で、私を含めて4人くらいで集まってご飯を食べている最中に、その内容を
フェースブックにアップしている子がいたけれど、正直、ちょっと引いた。

そこまで生放送にする必要性が、よくわからなかった。

私の考え方が時代遅れなのかもしれないけど、こういう便利アイテムは
その使い方に気をつけたいと、個人的に思います。



↑最近の私のお気に入りのアーティスト、Natalie Duncan。

イギリス情報ランキングへ

2012年のカレンダー

明けましておめでとうございます。更新まばらな当ブログですが、
今年も宜しくお願い申し上げます。

さてさて皆様、もう今年のカレンダーの準備はばっちりでしょうか?

私がここ2、3年愛用させて頂いているカレンダーはこちら。

calendar_2012.jpg

↑画像はオフィシャルサイトからお借りしました。


ウェブスタジオアラクネさんが製作されている、とてもオサレなカレンダーです。
毎年無料で公開されているものなのですが、シンプルで、使い勝手が良くて
個人的にとても気に入っています。

で、自称お願い名人の私が、ぽそっと「海外版も作って欲しいです。」的な
コメントを送らせて頂いたところ、本当に作って下さることになり、今年は
英国版まであるんです。ええ人やー。

カレンダーのダウンロードはこちらから↓

日本版:
http://www.arachne.jp/calendar/

英国版:
http://www.simplepdfcalendar.com/

英国版の製作にあたり、私も微力ながら、少しだけお手伝いさせて頂きました。

それにしても、やっぱり何でも言ってみるものだなと、実感した新年の幕開けでした。

イギリス情報ランキングへ

モデルデビュー

実は私、1ヶ月前にファッション雑誌のモデルとしてデビューしました。

makeover_studio_m.jpg

・・・なんて言うのは大嘘で、このブログを通じて知り合った、アバディーンで
ヘアとメイクの勉強をされている、Okappaさんのポートフォリオのモデルをさせて
頂いたんです。

日本にいらっしゃる時には既にプロとして働かれていたので、腕も一流!
Okappaさんの匠の技で、ほんと雑誌のモデルさんみたいに、別人のごとく
キレイに仕上げて下さいました。べつに写真を丸々載せても私本人とは
分からないくらいの変貌っぷりなのですが、念のため、顔半分だけの掲載で
大体の雰囲気をつかんで頂こうかと!

Okappaさん曰く、アバディーンカレッジでは、なかなかモデルを引き受けて
くれる人がいなくて困っている学生さんが、とても多いそうです。

そういう訳で、この記事を読んで下さった方の中で、もしモデルをやってみたい
なんて思われた方は、是非ご連絡下さい。私自身、とても良い記念になったので、
おすすめです!

イギリス情報ランキングへ
↑ランキングの応援、ありがとうございます^^

エゴからエコへ

私と相方は、国籍こそ違っていても、性格や、考え方が、なんとなく
似ているので、普段はあまり衝突することなく、うまくやってはいますが、
しかしやっぱり、ちょっとしたところで、意見が合わなかったりすることも、
もちろんあって・・・。

例えば、じゃがいもとか。

なぜか彼は、「じゃがいもは、芽が出たら捨てるもの」と信じて疑わず、
対する私は、「芽が出たところは、くりぬいて使う」というのがジョーシキだと
思っているわけで。(絶対私の方が正しいですよね??)

そんな感じで、あると思っていたじゃがいもが全部捨てられてたりとかして、
晩御飯の予定がくるうこともあり、私的にもカチーンとくるわけで。

しかし、大の大人が、じゃがいもで言い争っている姿は、とても見苦しい。

かといって、両者、譲る気はこれっぽっちもない。

そういった背景から、最近うちに↓こういうものが登場しました。

spuddy_bag.jpg

その名も「元祖じゃがいも袋」。

日光をさえぎり、適度な通気性を保つことで、じゃがいもの発芽、および変色を
防ぐというスグレモノ。このモサかわいいかんじが、なかなかいいと思ってます。

窓辺という悪条件すら克服し、じゃがいも1キロ、どれも芽を出したり、
色が変わったりすることなく使いきることが出来ました。

袋のついでに入手した、写真手前の白いポットに、皮をためて、
庭にある木箱に投入し、堆肥としてリサイクルなんかしちゃったりで、
エゴカップルから、エコカップルへと、ステキに変身!

家庭も、地球も平和になって、一石二鳥!

ぜひお宅にもどうぞ!

ちなみに私のバイトしてる店に売ってます。なんて、宣伝してみたりして。
・・・・・店の名前明かさなかったら宣伝にならへんけど(笑)

イギリス情報ランキングへ
↑ランキングの応援ありがとうございます^^
| ホーム |  次のページ »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。