2008年06月

翻訳の仕事

猫は心地よい場所を探すのが実にウマイ。今日も私の使っているパソコンのコンソールの上で
ぬっくぬく!!

duffy_com.jpg

私は普段、ウェブサイトと3Dアニメーションを作る仕事をしているのですが、一応、翻訳の仕事も
たまに引き受けたりします。売りは、HTMLやFlash、EPS等のフォーマットでも納品できることです。
どうやって翻訳の仕事を得ているのかというと、ただ自分のウェブサイト上で、他のサービスと共に
宣伝してるだけです。

エージェントとかを通して仕事を請けたりもできるみたいですが、「最低3年の経験要」といった
かんじで、登録するにあたり、条件を満たさなければならなかったりと、結構難しそうです。
でも、自分自身で直接顧客から仕事を取る分には、こんなの聞かれたためしがありません。
ただやるからには責任を持って、自分の専門分野以外の翻訳は、引き受けないことにしてます。

今日、とある会社から、ウェブサイト翻訳の見積もりの承諾がでました。結構名の通った会社
なので、ちょっと緊張です。スコットランド発であることを売りにしてることもあり、この会社の
電話の保留音楽、バグパイプでした(笑)すごい、徹底してる。多分それだけに翻訳も、
スコットランドを拠点にしてる人にやってほしいのかも。通信手段が発展した世の中でも、
まだまだ「地元であること」って大事なんだと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
スポンサーサイト

北海油田

北海油田の発見。これは社会科で習ったときには、別に気にもとめることのない、ただテストで
暗記しなければならないもののひとつでした。田舎に引っ越すまで住んでいたアバディーンは
この北海油田で栄えている街。ここに住んでる間、教科書の一行では分かり得なかった
北海油田について知る機会がありました。

アバディーンに住む人の大多数は何らかの形でこの業界に関わっています。ここで
「Offshoreで働いている」という言葉を耳にすれば、まず漁師であるよりは、海のど真ん中にある
石油プラントで働いてることだと判断して間違いないです。大方、陸からかなり離れているため、
石油プラントへはヘリコプターで移動し、勤務時はそこで寝泊りしなければならないようです。
私の相方の友人の一人もOffshoreで、エレクトリックエンジニアとして2週間勤務、2週間休暇
というシフトで働いています。彼はまだいいほうで、人によっては1ヶ月連続勤務とかもあるん
だとか・・・。その間当然家族と離ればなれ。離婚率も高いそうです。

Offshoreで働く一番の魅力は、やはりお給料だと思います。ここだけの話、相方の友人、
まだ30代前半だというのに、年収1千万円超えてます。グラリときちゃうでしょう??(笑)
彼が特別ってことでもなくOffshoreで働く人たちにとっては普通みたいです。昨今の
原油高にも伴って、今かなり人手薄のようですので、これからますます待遇がよくなるの
でしょうね・・・。それでもうちの相方にはOffshoreで働いてほしくはないです。石油プラントの
施設は老朽化が進んでいます。新しい設備に切り替えるには、石油の採掘を止めることになり、
莫大な利益の減少につながるため、なるべくそれをさけるような傾向にあります。もしものことが
あると・・・と考えると恐ろしいです。年2、3回ある、相方の海外出張も、Offshore出頭に比べたら
まだましなのかも。もうすぐナイジェリアに数日出張です。この国に行くには、予防接種が必要。
しかしコイツ、予防接種受けた日に、酒をかっぱかっぱ飲んでおった。あかんやん!!
「看護婦さんに何でお酒飲んだらダメなのか聞いたら、彼女答えられなかったんだもん」やと。
ほんまこの人と一生一緒にいられるのか、ふと疑問に感じました(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
↑いつもクリックして頂いてありがとうございます。めっちゃ励みになってます

人助けのごほうび

昨日の夕方、近所に住んではるおばちゃんがうちをたずねてきました。なんでも鍵を家に残した
まま、うっかりドアをロックしてしまい、家に入れない状態になったそうなのです。不幸中の
幸いは、バスルームの窓を換気用に開けていたこと。その窓は上部と下部に分かれていて、
開いてるのは上部の小さい方。彼女の頭の中に、「小さい=私」という方程式があったのか、
「Meggyならこの窓から家に入って鍵をあけられるかも」と思い、助けを求めにきたのだそう。

実際彼女の家に行って、その窓を見てみると、ほんっとめっさちっさい。さすがの私でも
無理やろうと半分諦めながらも、一緒についてきた相方の手を足場にして窓によじ登る。
「チャーリーズエンジェルみたいや」とか自分の容姿をさておいたコメントを心の中でつぶやき
ながら、まずは上半身を入れる。次に右足。バランスをなんとか保ちながら、おしりを
ねじ込む。そして最後に左足を入れ見事進入に成功!!くぐりぬけてきた窓を振り返りながら、
自分でもびっくり。外側でおばちゃんの歓声が。ともかく無事にドアを開けることができました。
小さいってたまにはいいこと。家路につくときに、人助けをした私に神様からのプレゼント。

rainbow.jpg

大好きな虹。あわててカメラを取りに行きました。家からちょっと坂道を上った所では

rainbow2.jpg

端から

rainbow3.jpg

端まで続いた見事なアーチ状の虹が見れました。全体が一度にカメラに収まりきらないのが
ほんと残念。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

DIY王国

この国ではDIYがほんと熱い。やれることはなるべく自分達でやってしまう。私達も例外でなく、
ほんと毎週末、引っ越して間もない家の内壁のペンキ塗りにはげんでいます。

paints.jpg

ここの日曜大工用品店で手に入るペンキの種類はめちゃ豊富!白は白でも、ミルクホワイトだの
アップルホワイトだの余裕で20種類くらいある。一体誰にその違いがわかるというのだろう・・・?
あ、エスキモー??

今年の初めまで上がる一方だった物件価格も今では下降気味のようですね。前住んでた
アパートはほんといい時に売ったなと。しかしその同時期に今の家を買ったわけで・・・。
一応、これから最低10年は住む予定の家なので、今すぐ売るわけでなし、そのころにはまた
状況も変わってることを祈るのみです。

日本とは違って、ここでは築年数があまり物件の値段に影響を与えないようです。新しい家が
好きな人もいれば、古い家は味があっていいと言う人もいて。あとは地震や台風などの
極端な自然災害がほとんどない国なので、それにもよるかもしれません。内装やメンテナンスが
ちゃんとされている限り、古い家も、時には新築より高値になったりします。うちの家も
そうなれるように、頑張らなくては!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

ホタルノヒカリ

海外に住むとなにかと日本の流行ものに疎くなってくるんです。でもね、こんな私でも
「ホタルノヒカリ」くらいは知ってるんですよ。「干物女」って言葉も知ってるんです。見直し
ました??(笑)単行本を日本から取り寄せると送料かかっちゃうんで、Timebook Townって
いうサイトで、電子書ダウンロードして読んでます。この漫画に出てくる高野部長の
名言はつかえます。「男の70%は無駄なプライドでできてる」とかなんとかいう台詞を
そのまま相方に言ってやったら、妙に共感してました(笑)高野部長、ひそかと
インターナショナルゥ~!!高野部長といえば猫好き。私も猫好き。ビバ高野部長。

potatos.jpg

庭の野菜、特にじゃがいもがめきめき育ってます。もはや愛猫の背丈の2倍ほどに。肥料も
やってないのにすごいです。

duffy2.jpg

うちの愛猫もめきめきと肥えているような・・・。こっちは肥料(ごはん)を与えてるから当たり前か。

duffy3.jpg

あんまり気持ちよさそうに寝ころがってるので、私も一緒に(笑)

このブログ、お陰さまで現在イギリス情報のランキングの9位にまで上りつめています!皆様の
応援に大感謝です。なにかもっと役に立つようなことを書けるように頑張りますね。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

ホワイトチョコレート好きの方に

普通のチョコレートとホワイトチョコレート、どちらも大好きですが、どちらかを選択しなければ
ならないとしたら私はホワイトチョコレートを選びます。そんな私が愛してやまないのが、この
クッキー。

walkers.jpg

ちなみにこの国では日本でいうところのビスケット、クッキーを共にビスケットと呼ぶみたいです。
クッキーは一般的にパンあたりを意味する模様。アメリカではその逆だとかで、このあたり結構
ややこしいです。ともかくとして、このクッキーはめっちゃお勧め。ショートブレッドで有名な
Walkers社によるものです。サクっとして風味豊かな生地にたっぷり入っている、ホワイト
チョコレートのミルキーな味わいが、ラズベリーの甘酸っぱさと奏でる絶妙なハーモニー!!

気になるカロリーですが…なんと箱にその表示がない。こういうもん食べるときは、カロリー
なんて気にせず、いさぎよく太れってことですね☆

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

菜食主義

この国では日本よりずっと菜食主義の方が多いように思います。菜食主義にも色々あって、
大きく二つにVegetarian(ベジタリアン)とVegan(ヴィーガン)に分かれます。こちらで、
ベジタリアンは一般的に、肉魚は食べないけど、牛乳、卵等は食べる方を指し、ヴィーガンは
動物関連のものを一切食べない方を指すようです。人によっては食べ物のみならず、革や羊毛、
毛皮等の動物製品を身に着けたりもしないみたいです。これってかなり難しいことだと思うんです。
強い信念がないと実行できません。あと、農作物を育てるにしても、うさぎのような害になる動物は
ペストコントロールと称して殺されていたりするんです。そうすると野菜や穀物を食べることも、
結局動物の犠牲がともなっていることになりませんか?

rabbit.jpg

何も知らず、草をはんでいるうさぎを見ながら、やっぱりどうしても菜食主義にはなれない私。
せめて出来ることといったら、その命を粗末にしないこと。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

アバディーンへ

昨日は久しぶりにアバディーンに行ってきました。この街は田舎に移る前に住んでいたところです。
今となればアバディーンさえ大都会に見えてしまうから不思議(笑)

aberdeen.jpg

この街には「Annie Mo's」というかわいい雑貨や家具を売っているお店があります。その店の
ウィンドウディスプレイで、ひときわ輝いていたのが庭仕事用の手袋。

annie.jpg

ほしーほしー。でも買ったところで、もったいなくて結局使えなさそう(貧乏性 笑)

church2.jpg

街の中に建っている教会は皆のオアシス。その周りが墓地だというのに皆、昼ごはん食べたり
日光浴したりと、くつろぎまくり。ベンチあるのにわざわざ墓石に座ったりしてはるし!!いまだに
理解に苦しむこの国の方々の倫理感。

church.jpg

中にあるステンドグラスも綺麗です。アバディーンにお越しの際はぜひお立ち寄りください。
こういうのお好きな方には、「Soul」という古い教会を改装してつくられたバーもお勧め。とっても
オサレです。牧師さんのお立ち台(?)がDJブースに変身してるとこがスゴイ。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

行者にんにくとカタカナ英語

うちから300メートルくらい離れたとこにある家の庭(ていうかむしろ森です 笑)の前を自転車で
通るたびに、ニラっぽい、いい匂いがしてたんですよ。ニラはね、こちらではあまりなじみがなくて、
中華系のスーパーでちょこっと売ってる程度なんで、この国の人が家で栽培するのはまずないん
です。でも、前からこちらではWild Garlicという、日本では行者にんにくと呼ばれて珍重されている
植物が自生してたりするって聞いてたので、「これってもしや」と期待してました。そしてそれが
ついに確信に至ったんです。

wild_garlic.jpg

花といい葉の感じといい、まさに行者にんにく。まちがいない。(長井秀和風に。あれ、古い? 笑)
写真に写ってるのはごく一部で、ありえへんくらいの群生っぷり。でも問題は…これ一応
ひとんちの庭なんですよ。もはや森のごとく自然のなすがままなんですが…。しかも行者にんにく
こちらでは雑草扱いなんで、別にとっても構わないとは思いますけども…。いやいや!やっぱり
ひとんちのもんはひとんちのもん。涙をのんで諦めました。

ところがその後、隣村の遊歩道の川べりでも群生を発見。花が咲いた後では食べごろを
過ぎているので、収穫は無理ですが、来年から行者にんにく三昧ができそうです

さて、最近カタカナ英語がやたら増えているように思うのですが気のせいですか?
別にそうせんでもええような言葉までカタカナ英語。公約とかもうマニフェストなんて
言っちゃうんですよね?従来の公約よりも具体的で信頼の置ける公約みたいな意を
含んだかんじの。このブログの管理画面のメニューとかも必要以上にカタカナ英語ばっかり。
私自身、こうやって記事を書くときも、どこまでカタカナ英語で書いていいのか悩んだりします。
全部日本語で書くとかえって不自然になったりするので…。

しかもたまに日本で使われてるカタカナ英語間違ってたりするんです。「イギリス」という言葉自体
「イングランド」から来てるので本来UKと同意語で使われるべきではないんですね。でもこの言葉が
浸透しきっているので日本語で文章を書くとつい、使ってしまいます。現地の友人、知人には絶対に
内緒です。

あとね、「これ日本語でなんていうの?」って聞かれたときに、カタカナ英語で答えるしかない時って
結構恥ずかしいんです。そういう時に限って聞かれるもん聞かれるもん全部そうやったりするし(笑)
居間にあるテーブルは、机とかちゃぶ台とか座卓とか言っちゃうとなんか違うし、ソファーはやっぱり
ソファーやもん…。あー難しい。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

タイの野菜をスコットランドで栽培

野菜作りに挑戦すること数ヶ月。めんどくさかったので、とりあえず試しに肥料もなんにも
足さずに育ててみたところ、結構順調に成長しています。

vegs.jpg

家の周り一帯の土地は牧場か農場かといった感じなので野菜育てるにはいい土地なんでしょう。
一緒に見回りに来た愛猫も心なしか満足げです。アパート暮らしが長かったからか、うちの猫達は
外で用を済ませることはまだしません。そんなわけで、未だに猫トイレが欠かせない我が家ですが、
野菜畑が汚染されることがなくていいのです。

畑には、とりあえず簡単に育ちそうなやつを植えてみているのですが、中でもびっくりしたのは
ホムデーン(タイの赤玉ねぎ)の発育が順調であること!!冷蔵庫の隅っこで忘れ去られていた
ホムデーンに、カビではなく根っこが生えてるのを発見し、「冷蔵庫でも根っこがでるくらいやから
育つかも」と試しに植えてみたら本当に芽がでてきました。タイの野菜がスコットランドで栽培可能
なんてありえへん。バイマクルー(こぶみかんの葉)とかも育つんでしょうか?タイ料理好きの
私は、自分で育てたホムデーンでごはんつくるのがとっても楽しみ。

一方、手塩にかけて種からそだてようとしていた枝豆は大失敗。腐らせてしまいました。
あぁ…夏の昼下がり、ビール片手に庭でとれたての枝豆を食べたかったのに…。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。