2008年07月

エフゲニー・プルシェンコ様

オリンピックでお気に入りの競技といえば、私の場合断然フィギュアスケートです。
中でもエフゲニー・プルシェンコ様のパフォーマンスが大好きもう様付けで
呼ぶにふさわしい、プロに徹したあの滑り!!



オリンピック金メダリストがこういうのやってくれると一層ありがたみがわきます(笑)
肉じゅばん姿で、スゴイ技を、ビシッ!ビシッ!と決めてくれます。

6年前くらいにあったソルトレイクオリンピックでの、彼とヤグディンとの一騎打ち
(もうこの2人は別格)は見物でした。いつか生で彼のパフォーマンスを観たいものです。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
↑今回の記事、全然スコットランドにも田舎暮らしにも関係ありませんが・・・(苦笑)

田舎生活の良いとこ悪いとこ

田舎に移り住み、早いもので5ヶ月経とうとしています。私と相方、愛猫2匹とも新しい生活に
すっかり慣れました。

duffy_sofa.jpg

前はアパートの最上階に住んでいたので、部屋にこもりっきりだった猫達は、始めこそ
おっかなびっくりだったものの、今では広々とした田舎の土地を存分にご満悦。

laramie_garden.jpg

さてさて、猫にとってみれば、いいことづくしの田舎暮らし。私達にとってみても、やっぱり
マイナスの面よりプラスの面が大きいように思います。ここで箇条書きにしてしてみますと・・・

プラス
・朝の空気がスバラシイ
・静か(猫達が夜中にブリブリ文句言わない限り)
・庭が広い(都会でこの大きさだったら、私達のような庶民には手が届きません!)
・地元で取れた新鮮な野菜や卵が食べられる

マイナス
・芝刈り、雑草処理が大変
・交通の便が悪い(これは未だに私が運転免許持ってないせいです)
・出前が取れない
・ガスが通ってない(料理にはガスコンロが一番いいんですが・・・)

よくよく考えてみれば、マイナス面が結構でてきて、結局どっこいどっこいじゃないですか(笑)
庭に関しては良くもあり、悪くもあるかんじです。メンテナンスするだけで、いっぱいいっぱい
です。しかも庭にやたら植わってる木のほとんどが落葉樹・・・秋が来るのが怖いです。
ほんと自慢の庭とは程遠いですが、気長に頑張ります。

田舎暮らしは人によって向き不向きがあると思います。私達のように地味くさく、家でのんびり
するのが好きな人にはいいかんじ。ただ時々今でも、街中に住んでいた頃、週末の朝に
近くのスーパーでよく買った、焼きたてのチョコクロワッサンが恋しかったりするんです。
スーパーのなのに、侮れず美味しかったな。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

アルネスへ

昨日までの2日間、仕事がらみでアルネスという町まで行ってきました。別に日帰りでもいける
距離でしたが、初めて行くところだし、ゆっくりしたかったんです。

view_train.jpg

↑こういう景色を見ながら、一人でボーっと電車に乗っている時間がたまらなく好き。

alness.jpg

至る所に花がある町アルネス。聞くところによると、住民が力を合わせ、植え付けから
水やりに至るまで、全てボランティアでやっているのだそうです。すごくないですか??
この国の人達の、町の景観にかける情熱は半端じゃないです。

今年ではじめての夏らしい日。「暑すぎる」というここでは贅沢な言葉がでるくらいの
晴天っぷり!!皆、文句言いながらも嬉しそう。私も仕事をほどほどにして、満喫しました。


<<こぼれ話>>
doggy2.jpg
泊まったB&Bで飼われていた犬。カメラを向けると
一度は振り向くも、またすぐ寝た(笑)あまりの
夏日にバテバテ。

kilts_hire.jpg
帰り道、ちょこっとだけ寄ったインバネスで見つけた
怪しい看板。私、基本的にスコットランドの殿方の
キルト姿は大好きですが、これはちょっと・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

思わず買ってしまいたくなるもの

日曜大工用品店に、庭いじり用のフォークやら、ペンキやら買いに行ったとき、こんな接着剤
見つけました。

adhesive.jpg

その名も「Sticks like sh*t」。ここでの「like sh*t」は、そのままの意味でなく、「like hell」のように、
ただ強調に使われる表現。つまり「ありえへんくらいくっつく」あたりの意味だと思われます。
家に他の接着剤が大量に残ってても、こういうナイスな名前の新製品を見てしまうと、
思わず買いたくなってしまいます。でも無駄遣いしないように、我慢しました。もし
使ったことのある方はぜひ、どのぐらいくっついたのか、ご報告頂けたら嬉しいです(笑)
ちなみに私が使ったことのある、「No more nails」は完璧名前負け。「結局釘いるやん?」
程度でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

お誕生日パーティー

ここのところバタバタと忙しく、なかなか更新が出来ませんでした。もう2週間前くらいの話に
なりますが、お誕生日パーティーに行ってきた様子を紹介します。

なぜか主役のN自身の家でなく、彼女の友人、PとHの家にて開催。こっちのほうが
駐車スペースが広いからだそうです。PとHはゲイカップル。写真には残っていませんが、
男2人で住んでいるとは思えないほど綺麗に片付いていて、インテリアにも凝った
かんじのオサレな家でした。「ゲイはセンスいい人が多い」という私のポジティブな
偏見を見事に裏付けてくれます。

英国では、ゲイに対する考え方がずっとすすんでいます。結婚することだってできるんです。
(civil partnershipと呼ばれて、婚姻関係と法的に同じものです。)日本もこうあるべきだと
個人的に思います。愛ってスバラシイもの。

doggy.jpg

こちらはPとHの愛犬。まだ一歳やというのにめっちゃ大きい!しかも気分は子犬だけに、
私を圧倒する勢いのすごいはしゃぎっぷり。カワイーよ!!犬飼いたくなってしまいました。

party.jpg

PとHが頑張ってバーベキューの用意をしてくれている間、くつろぐゲスト達。あ~うちでも
こういうパーティー開きたい!!それには庭をもっとちゃんとしなければ・・・。ここのとこ
週末が雨続きで、芝刈りすらできてません。素敵な家までの道のりは遠い。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

アバディーンでごはん

先週末のことになりますが、またアバディーンに行ってきました。私の相方が働いてる会社と
取引がある運輸会社の社長さんが、ご飯をごちそうしてくれることになってたのです。前の記事
紹介していた、お気に入りのバー「Soul」で待ち合わせ。

soul.jpg

客層はやや年齢高め。とどのつまりバーなので、テーブルとかよく見たらちゃっちいですが、
それでもこの店の雰囲気が好きです。教会を改装した店なので、ステンドグラスもあります。

soul2.jpg

社長さんと合流して、いざレストランへ。今回は「Royal Thai」というタイ料理のレストランへ。
しかしコースメニューを覗くと、なぜか「北京ダック」がある・・・。タイレストランに、これはあり??
ともかくも注文を済ませて、料理が運ばれてくるのを待ちました。

この社長さんにごはんをご馳走になるのはこれでもう10回以上になるので、気心知れたるもの。
話題も濃かったりします。彼、めでたく先日に誕生日を迎えたらしく、もらったプレゼントの話に
なっていたのですが、なんとその中の一つが「腸内洗浄」のギフト券・・・。私、それまで英語で
「腸内洗浄」は何と言うのか知らなかったので、微妙にボキャブラリーが増えました(笑)
皆様のご参照にまで、「Colonic irrigation」です。相方からその後の補足で、「Enema」とも
呼ばれることが判明しました。余計なお世話です(笑)このあたりのボキャブラリーは、
個人的に1つで充分だと思います。やたら知ってると怪しまれそうです。

ともかくも料理が運ばれだしたので、ひたすら食べました。味は、中華にかなり偏った
タイ料理って感じです。そして気になる北京ダックは、同じくアバディーンにある「Chi」という
中華レストランと全く同じ味がしました。経営者が同一である疑いアリ。でもサービスが
良かったのでまた戻って来たいと思いました。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
| ホーム |