2008年08月

スコットランドのお札

前の記事で、「Burnsさんって誰?」みたいなこと書いてましたが、なんと5ポンド札に載る
ほどの方だったみたいです・・・。スコットランドでは、それぞれの銀行が独自のデザインの
お札を発行してるため、5ポンド札が絶対Burnsさんというわけではないのですが、それにしても
夏目漱石さん知らないレベルにやばかったのは確かです(笑)

notes.jpg

うわさによると、世間に出回ってる5ポンド札って、そのほとんどがコカイン吸引に使われた
ものなのだそうです。なるほど道理でいっつもしわくちゃ。しかも買い物の時に、5ポンド札を
きらしてる店にでくわすことが結構多くて、全部1ポンドコインでおつりを渡される時は、
正直迷惑!

上の写真に写ってる1ポンド札はかなりレアです。スコットランドに住んで4年になりますが、
手にしたのはこの1枚だけです。もう今では発行されてないみたい。100ポンド札も、普段では
まずみかけません。でも一応あるんです。写真には写っていませんが、他にも50ポンド札、
20ポンド札、10ポンド札があって、一番よく使われるのは、後2者です。

同じポンド紙幣でも、スコットランドの銀行が発行したものは、英国外で両替できないことが
多いみたいですので、ご旅行の際はご注意下さい。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

井戸水

もうすっかり夏の終わりの気配が漂うスコットランド。うちの庭の木の根元に、秋を発見。

kinoko.jpg

あきらかに毒キノコ。何の知識もない私でも、なんとなくわかる。どうせ生えるなら、好物の
舞茸あたりが生えてほしい・・・。今度日本に帰ったら、菌を持って帰らなくては。しかし引越しで
何かと物入りな今年はまず無理。高校の同窓会の話がでてるのに、参加できないのが
めっちゃ辛い・・・。こういう時、日本とスコットランドって遠いなぁと思う。そんなブルーな気分に
追い討ちをかけるがごとく、我が家の浄水処理システムが不調に。

water_fp.jpg

うちは「ど」のつく田舎にあるので、水は井戸水を、上の写真のような、納屋に置いてある
パンプで汲み上げてるんです。時々フィルターを替えたりしないといけないのですが、
その作業中、ブレーカーがストン。色々試してみると、どうやら滅菌処理をする機械の
スイッチを入れようとすると何故かブレーカーが落ちてしまうことが判明。肝心のパンプは
問題を起こさないみたいなので、水は使えますが、浄水処理ができてないことに
なるのです・・・。それなのに私の相方、「ダイジョーブダイジョーブ。昔の人はそのまま
使ってたんだから。」とか言いながらフツーに水飲んでました。気楽すぎ!!
・・・早く業者よばなきゃ。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

田舎のペット

先週末に、ご近所さんからの招待で、バーベキューパーティーに行ってきました。なんせ
徒歩圏、気がねなく飲むことができます(笑)スコットランドに来てから私、確実に酒豪の
道を歩んでますよ。

ご近所さんの集いとは言っても、さすがに田舎、一軒一軒はなれているので、ほとんどの
方達とはこれが初対面。しかしそう思ってたのは私だけ。

「自転車を必死にこいでるの見たよ~。」

とか、ひそかと私、有名人!まぁこのあたりで東洋人は珍しいから無理もない。
しかし「必死にこいでる」て・・・(笑)本人的には、スポーティーかつさわやかに自転車を
乗りこなしてるつもりやったのに・・・。これ以上浮いてはならぬと、カメラの使用は控え
ました。なぜかこの国の人達、あきらかに日本人より写真撮らはらへん気がする。

お招き頂いたお家のペットの数には驚きました。猫6匹、犬2匹、ポニー2頭に馬2頭!!
すっご!!飼い過ぎちゃうん!!でもハイランドまで、夫婦そろって馬に乗って旅行した
とかいう話を聞いたら、ほんと憧れちゃう。いーなー。他のご近所さんも、ニワトリとか、
アヒルとかの、猫、犬以外のペットを当たり前のように飼ってはる。

「うちも芝刈りしなくてすむように、羊飼おうと思ってる。」

と、冗談半分で言ったら、

「羊より、ヤギの方がいいよ。もっと草食べるから。」

という真顔のアドバイスを頂戴しました(笑)ヤギかー。いいかもあんまり乗り気じゃない
相方を説得するべく、頑張ります。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

えらい人は苦労する

アバディーンで、よく見かける光景・・・。

abdn_flower.jpg

石像の上に、カモメ。

seagull.jpg

当然石像、カモメのお土産をたっぷりと・・・。

seagull2.jpg

こっちはもっと酷い。Burnsさん、何した人か知りませんが、石像にされるくらいの偉人に違い
ありません。でも、うんちまみれになる為に、えらくなったわけじゃないでしょうに・・・。
彼の表情は、心なしか切なげです。

park.jpg

花の都、アバディーン。カモメには要注意。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

レアなレアの卵

田舎だと買い物が不便?確かに大型のスーパーとかはありませんが、日常に必要な食材は、
バッチリ手に入ります。地元でとれた野菜とか卵とか売ってたりもして、それなりに美味しい
生活がおくれます。

そしてたまに、街では見たこともないようなものまで売られているから面白いのです。
昨日買い物に行った店のレジ横で売られていたのがこれ。

rhea_eggs.jpg

レア(アメリカダチョウ)の卵。1個8ポンド(1700円くらい)です。どうです皆様?今晩の
おかずにぜひ。なんでも鶏卵の10~12個に相当するそうです。よっぽど買おうかと思い
ましたが、うちは相方と2人だけなんで、こんなの一気に食べられません。パーティーでも
開かない限り、使い道に困りそうな卵。また今度挑戦してみることにしました。

レアの他にも、ガチョウとか、アヒルの卵とかも売ってます。意外にもスコットランドでは
なかなか見かけない、ウズラの卵すら手に入ります。今までの人生、うちの相方は
一回もウズラの卵を食べたことなかったので、大興奮で買いました。私も食べるの久しぶり。

「この卵で何つくろっか?」

と私が相方に聞くと、

「オムレツ」

と、即答。お・おむれつ・・・。ウズラの卵でオムレツって、10個くらい使ってもしょぼそう。
あえなく却下。フツーにゆで卵にして、サラダに入れて食べました。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

英国紳士

先日、台所で食器を洗っていると、窓越しに、道端でキョロキョロと何かを探している人と目が
合いました。一応愛想良く手を振ると、「ちょっと話があるんだけど」といった感じのジェスチャー。

「向こうの家に住んでるAです。はじめまして。」

外に出てみると、大体50すぎくらいのおじちゃん、否、むしろオジサマという雰囲気を漂わせてる
人とご対面。お約束通り、握手を交わすと、このおじちゃん、私の手の甲にチューですよ(笑)
さすがの英国でもこれはかなり珍しいんです。化石に近い英国紳士が近所に住んではることが
判明しました。

なんでも彼の愛猫が行方不明になったそうで、もし見かけたら絶対に知らせて欲しい
とのこと。彼とは前に面識がなかったものの、彼の猫は度々うちの庭にも遊びにくることが
あったので、知っていました。あまりうちの猫達と仲がいいわけではないので、内心、
「ひょっとしてひどい喧嘩でもしたのではないか」と、かなり心配でした。

しかしながら、その翌日、問題の猫は無事発見されました。聞くところによると、木に登ったは
いいものの、降りられなくなっていたんだそうです(笑)まぁともかく無事でなにより。

duffyNlaramie.jpg

↑写真は、ナイジェリアから帰ったばっかりで、「寒い寒い」とブースカ言ってる相方に寄り添う
親孝行な(?)うちの猫達。少しでも疑ってごめんね。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

い・な・か・ボンバイェ!!

先週の金曜日、見事に晴れた!

sunny.jpg

「晴れたら外で何かする」が、ここに住む人たちにとっての常識となっています。私もはりきって
一人で芝刈りをしました。一応、芝刈りは男の仕事ってことになってるそうですが、そんなの
気にしません。できる時に、できる人がやっておかないとダメ!お日様は待ってくれません。

harvest.jpg

今は新ジャガの季節。うちの庭のジャガイモも、一株だけ抜いてみました。かなりいいかんじの
出来栄え。その晩さっそく湯がいて食べてみましたが、めっちゃあっまーくて美味しかったです。
散々他の野菜で失敗していても、ジャガイモだけは私の味方。

rasps.jpg

近所の道端に生えてるラズベリーも今が旬。ラズベリーって、こっちではスーパーで小さい
パックでも2、3ポンド(500円くらい?)とかで売ってるので、もうテンション上がりまくりで
採りました。私の中では、

い・な・か・ボンバイェ!!い・な・か・ボンバイェ!!

とかいう歓声が鳴り響く。むしろ口にすら出したいくらいの勢い!!良いね、田舎暮らし。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

言葉は人を傷つける

ちょっと今回は真剣な話。

私が外国語を習い始めたのは、中学生から。ごくごく普通に英語からの始まりです。
その時は、外国語話せる人に憧れをなんぞも抱いてました。中学2年生になったとき、
母が勤める会社の社員旅行でついて行ったハワイが初海外。$が、「ドル」じゃなく
「ダラー」と発音されることに、ここでようやく気づく。そんなレベル。しかしながらこれで
海外の味をしめてしまった私。高校の時に、1ヶ月間アメリカへ。大学では交換留学で、
タイに約1年間滞在しました。

派遣先大学では、講義は英語で行われていたものの、当然、講義外では、タイ人クラス
メイト達は皆タイ語でおしゃべり。社会的孤立を免れるため、必死でタイ語を勉強して、
なんとか日常生活をおくれる程度には出来るようになりました。そんな中、現地でできた
友人に付き添って、入院中である彼女のお兄さんのお見舞いへ行くことがあったんです。
彼女によると、彼は末期癌を患っていて、あと数ヶ月という命。こういうとき、どう言葉を
かけていいか、正直わかりませんでした。自分が何話したか、全く覚えていない。でも
帰り際、私の限られたタイ語ボキャブラリーの中から、ほんと月並みに、

「どうぞお大事に」

と言ったのははっきりと覚えている。その思慮に欠けた一言が、彼を傷つけてしまったから。

「お大事にって、どうしようもないじゃない?僕、もうすぐ死ぬんだよ?」

と彼。もう申し訳なくて、自分が情けなくて、恥ずかしくてどうしようもなかった。言葉は
話せればいいってものじゃない。その裏にある人間性が大事なのだと、痛感しました。

***

言葉は怖い。言葉は武器にだってなりうる。今回この記事を書いたのは、色んな方の
ブログを読ませて頂いている時、たまに首をかしげるような文章に、出くわしたりするからです。
私だって、例外じゃなくて、こうやって文章を書いている以上、それと気づかず、誰かを
傷つけるような内容になっているかもしれないと、ふと思いました。もし、そのようなことが
あれば、ご指摘下さい。真摯に受け止めさせて頂きます。

こんな重い文章、最後まで読んでいただいて、有難うございます。これに懲りず、
これからもよろしくお願い致しますね。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

やる気のない図書館

♪ギンギラギンにさりげなく~♪世代がば~れてしまうね~♪(マッチの「ギンギラギンに
さりげなく」より。一部歌詞変更。)

ずいぶん昔に買った、プーマの銀色のスニーカーを履いて、今日も自転車にまたがります。
写真じゃ分かりにくいですが、埃まみれです(笑)最近全然新しい靴買ってへんなぁ・・・。
もうなんだか身に着けるものが段々いいかげんになってきてるような。干物女化してると
でも言うのでしょうか。

bikeNme.jpg

田舎に住んでおきながら、自動車免許持ってないので、自転車が本気で私の交通手段。
一応、近くに図書館(というより図書)があるのですが、そこへ行くにも、もちろん
自転車。ちなみにこの村の図書館の開館時間は以下のようになります。

月曜:10時~12時
火曜:15時~17時と18時~20時
水曜:閉館
木曜:15時~17時
金曜:閉館
土曜:10時~12時
日曜:閉館

短っ!!!

むしろ閉館時間のほうが長いやん・・・。それもそのはず、行くと大抵他に誰もいなくて、
図書館員のおばちゃんと私だけっていう微妙な雰囲気。なんとなく長居がしづらい(笑)

summer_scene.jpg

こういう景色見ながら、自転車乗るのってすごくいいです。限りあるスコットランドの夏。思いっきり
楽しまなければ。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
| ホーム |