2009年03月

いってきます

今朝の便でいよいよ日本に帰ります。
次の更新がいつになるか、わかりませんが、
また3週間くらい経ったら、遊びに来て下さいね^^

smashing.jpg

↑写真は数年前のハイランドゲームで司会をされていた
おじいちゃん。キルトがばっちりきまっていらっしゃいます。
帽子のボンボリがたまらなくかわいい!3週間トップ記事を
かざるに、ふさわしいと思います。

では、行ってきます!
スポンサーサイト

ボランティア

昨日の夜、ボーリング場に行ってきました。

bowling.jpg

ピンを倒す方のボーリングではなく、ボールを転がして、いかに目標のボールに
近づくことが出来るかという、別の種類のボーリングです。英国ではこのスポーツが、
日本のゲートボールみたいなかんじで、主にお年寄りの間で楽しまれています。

先週のビンゴデビューに続き、ボーリングデビュー?いやいやいやいや、さすがの
私も、まだそれは早すぎます(笑)

cheque_presentation2.jpg

実はなぜか代表で、チャリティーへの寄付の小切手を受け取りに行ってきたのです。

田舎に移る前、まだアバディーン市内に住んでいたころ、2年半くらい、
週一で、チャリティー事務所にてボランティアをしていたのですが、引っ越し後は
それが出来なくなり、「自宅からやれることだったら、お手伝いしますよ。」とは
申し出ていたものの、これまであまり何もお願いされることはありませんでした。

しかし先日、久しぶりに事務所から電話があり、「Meggyの住んでる地区の
ボーリングクラブが、小切手の受け渡しをしたいって、言って下さってるんだけど、
行ってきてもらえるかしら?」とのことで、この日に予定もなかったことから、
2つ返事で承諾しました。

普通の大きさの小切手かと思いきや、プレゼンテーション用の大きいやつ!!
しかも4、50人の前でジャンボ小切手を渡されて、両腕がふさがった状態は、
お礼のスピーチをメモしたカンニングペーパーを、ポケットからさりげなく
取り出せないことを意味します。頭の中が真っ白になりました(笑)

ともかくも、なんとかカンニングペーパーなしで、お礼を述べ、一応代表として、
恥ずかしくない程度には、任務を遂行できました・・・。


***


英国は、チャリティー大国です。全てのものに対してチャリティーが
あるんじゃないかというくらい、色んな分野に特化した団体があります。

先日あった、レッドノーズデーのような1日限りのイベントだけでなく、
国民の多くが、ボランティアで仕事をしたり、定期的に寄付をしたりと、
個人個人に出来る形で、自分がサポートするチャリティーへ日々貢献して
いるような気がします。

中には自分の誕生日パーティー、結婚式をチャリティーへの寄付をつのる
機会にしたりする人だっています。自分がプレゼントをもらう代わりに、です。
あとは、人前で丸坊主になることで募金をあつめたりとか・・・・・このあたりは
私にはまねできそうにありません!

素晴らしきかなチャリティー精神。今回は、ものすごく緊張しましたが、
いい経験になりました。

イギリス情報ランキングへ

↑チャリティー精神で、ポチッとお願いします^^

スコットランドらしいお土産とは?

日本帰国まで、1週間をきりました。一応ちょっとしたお土産を、用意している
ところなのですが、これがなかなか難しいのです。スコットランドらしいお土産って、
何なのでしょう?結局毎回、ショートブレッド(バター風味たっぷりのクッキー)か
チョコレート(これは別にスコットランドらしくもないような・・・)に落ち着いてしまって
いる気がします。

jaffa_rasp.jpg

なので今回は、フツーに私が好きで、普段食べてるお菓子を持って帰る
ことにしました。今、家にこの二つのお菓子が、大量に確保されております。
も~~~のすごい誘惑との戦いです。「ちょっとぐらい、ええや~ん」の大合唱です。

wool_mix.jpg

うちの両親が、スコットランドに遊びに来てくれた時、こっちで売っている
ハンドソープや、石鹸類を、いたくお気に召されていたようだったので、私が
世界一だと信じて疑わない、「Wool Mix」っていう、セーター洗い用洗剤を持って
帰ろうとも思ってます・・・・・なんというお土産らしくない、お土産。しかもこれ、
密かにオーストラリア産だったりとか?(笑)

いいのかな?こんなお土産、アリかな?

友人の結婚祝いも、姉の出産祝いも、こっちで買ったのですが、
やはり、「スコットランドらしいもの」で、私がコレだって思えるものが
なかなか見つかりませんでした。こういうのって、意外と難しいものですね。

イギリス情報ランキングへ

今日も遊びに来ていただいて、ありがとうございます。お土産センスのない私ですが、
それでもよろしければ、↑のバナーを押して、ランキングの応援よろしくお願いします^^。

癒しの椅子

田舎に引っ越して丸一年が経ちました。ひととおり四季を経験し、うちの庭にやたらと
植わっている木が、そろいもそろって実のならない木だということも、判明しました。

blue_sky.jpg

そんな役立たずな木でも、1年間、色んな表情をみせてくれて、私たちの
田舎生活に、イロドリを与えてくれました。そして、私の中で「神木様」という勝手な
ニックネームが付けられた、お気に入りの木ができたりなんかして。

shinboku_sama.jpg

うちの庭木の中でも、とりわけ樹齢が高いかんじで、その幹の太さ、約2.5メートル。
なんといっても枝ぶりが魅力的な神木様。多分、ここにクッションを敷いたら、天然の
パパサンチェアーになるのではないかと目論んでいます。


papasan.jpg ←写真は家具屋のサイトから拝借


「座ったら最後」のパパサンチェアー。なんか、ものすごく癒されそう。
写真の女性みたいになれそう。ていうか、むしろ「座って最期」を迎えられそう。

まだまだ可能性に満ちあふれた、田舎生活。2年目も頑張ります!

イギリス情報ランキングへ

↑おばあちゃんの演出効果か、昨日のランキングポイント数が、
過去最高でした。応援ありがとうございます^^。

ビンゴデビュー

昨日の夜、近所のおばちゃん達と一緒に、村役場で毎週開かれている、
ビンゴ大会に行って参りました。

bingo2.jpg

英国でビンゴは、ちょっとした賭け事に使われていて、特に年配の女性達の間で
大人気なのです。田舎村という地理条件との相乗効果で、この日の参加者は、
女性9割、男性1割、推定平均年齢60歳といったかんじでした。

予想以上に早口で読み上げられる数字を、ひたすら専用のペンで印を付けてゆく
光景は、なかなかのもの。年齢を感じさせぬ俊敏な動きで、無駄なく、すばやく、
数字をマーク!お菓子をパクつく余裕すら与えない、ビミョーな緊張感!!

実はこの日が、私のスコットランドでのビンゴ初体験でしたが、意外と楽しかったです。
娯楽施設が全くと言っていい程ない田舎での、ささやかなひととき。ちなみに上の
写真を撮ろうとした時、私の向かいに座っていらしたおばあちゃんから、

「新しいページより、使ったページを開いた方が、雰囲気出るんじゃないかしら?」

といった演出指示が出されました(笑)ありがとうおばあちゃん。ランキングの
順位が上がったら、きっとそれは、貴女のおかげです。

イギリス情報ランキングへ

↑ものすごく地味な内容の記事ばかりな私のブログですが、僭越ながら、
上位10位以内をキープさせて頂いております。ありがとうございます。
もしよろしければ、これからも、上のバナーを1日1クリックして、
ランキングの応援、よろしくお願い申し上げます^^。

願いは叶わない

ウィッシュボーン。それは鳥の首の付け根あたりにある骨で、2人でその端を
引っ張り合って2つに折り、大きいかけらをとった人の願いが叶うという
言い伝えがあります。

wish_bone.jpg

でも私、これで願いが叶ったためしが一度もないんですけど・・・?

何も、ナイスバデーになりたいだとか、そんな無理なお願いすらしてないのに、
微妙に叶いそうなお願いばかりしてるのに、叶わない。神様は、私が嫌い
なのだろうか?

私の相方、また禁煙に失敗しました。ウィッシュボーン+電気タバコという
2重体制でも、無理でした。しかし電気タバコ、めっちゃリアル。吸ったら
煙に似せた水蒸気がでてくるわ、先っぽが赤く光るわ、もう見た目だけは
タバコそのものです。

こんなステキアイテムを、私からプレゼントされておきながら、禁煙できない
なんて・・・!!相当難しいのでしょうか、禁煙ってやつは。吸ったことのない者と
しては、理解に苦しむのです。

イギリス情報ランキングへ

ワンタンの皮について追記です

前回の記事へのたくさんのコメント、ありがとうございます。それを読ませて頂いて、
自分なりに気が付いたことがあったので、追記させて頂きます。

「見た目はワンタン、味は落胆」みたいな結果に終わった、私なりのワンタン麺でしたが、
よくよく調べてみたら、ワンタンの皮は、丸ではなく、四角に成型しなければ、ワンタンと
呼べないことが判明しました。見た目すらワンタンじゃなかったみたいです(笑)

あと、既に前の記事にも書き加えておきましたが、私の配合だと、フワフワのワンタンに
仕上がります。モチモチのワンタンがお好きな場合は、Plan Flourのみ、あるいは、
少しStrong Flourを加えるくらいでもいいかもしれません。ただ、薄く延ばすのが
多少なりとも難しくなると思います。

以上追記です。ともかくもありがとうございました。まだまだ未熟者の私ですが、
皆様のおかげで、一つ賢くなれたような気がします。

イギリス情報ランキングへ

行者にんにくの季節 其の2

結論から申し上げますと、失敗しました。

wantan.jpg

写真って、ステキ。味が伝わらないから。

先日採取した行者にんにくで、ワンタン麺をつくってみたんですが、ビミョーでした。
行者にんにく入れすぎたのかもしれません。にんにく味、きつすぎました。

wantan_ingredients.jpg

もともと、「美味しかったです。レシピ紹介します。」っていう内容の記事になる
はずだったんですが・・・。密かに、主な材料の写真まで撮ってたりして・・・。

あ、でも唯一ワンタンの皮は成功してました。

wantan_dough.jpg

英国在住の方へ、ご参考までに・・・。

Plain FlourとRice Flourを1対1の割合で混ぜて、少しづつ水を加えながら
生地をつくると、延ばしやすくて、いいかんじのワンタンの皮が出来ます。
私の場合、ちょっとごま油も入れたりなんかします。

3月6日追記:
この配合でつくると、フワフワのワンタンに仕上がります。モチモチした感じの
ワンタンがお好きな方は、多少延ばしにくくても、Rice Flourは入れないほうが
良いと思います。あと、ワンタンの皮は、基本的に四角じゃないとダメみたいです・・・。
私のように丸くしてしまったら、むしろ餃子です(笑)


***

今回の反省点としては、ひき肉と混ぜる前に、行者にんにくを炒めておく
べきでした。次回は量自体も控えめにして、代わりに何か他の野菜も
入れるつもりです・・・なんせニラの2倍くらいパワフル。まだまだ
私にとって未知の食材、行者にんにく。

イギリス情報ランキングへ

行者にんにくの季節 其の1

今朝、家の近くにある川べりに行って来ました。

snowdrops_riverside.jpg

あちこちで咲き乱れるスノードロップ。これは一応野草の筈なのですが、先日
行ったガーデニングセンターで、一株1.50ポンド(200円ちょい)で売られていました。


「普通に道端にも咲いてたりするのに、買う人いるの?」

なんて話を相方にしたら、


「自然に生えている草花を掘り起こすのは、違法なんだよ。」

って教えてくれました。・・・なるほど。でも仮に掘り起こしている人を目撃して、
通報しても、この国の警察、取り合ってくれなさそうな気がするんですけど(笑)

ともかくも私がここに来たのは、スノードロップが目当てだった訳ではなく・・・

wildgarlic.jpg

↑コチラの方です。西洋の行者にんにくでございます。去年ここで自生して
いるのを見つけた時には、もう食べごろを逃していたので、収穫できません
でしたが、今年はばっちり味あわせて頂きます!

最近ではこの国でも、料理番組で取り上げられたりと、雑草という地位から
這い上がりつつあるこの野草。掘り起こすのが違法じゃなかったら、うちの
庭にも移植するのに・・・。

今日の晩御飯は、行者にんにく料理でキマリ!次回に続きます。

イギリス情報ランキングへ

なんちゃってデート

ここ数ヶ月で、一番暖かい日だったのではないかというくらい、晴天だった、
先週の土曜日。せっかくだし、海でも見に行こうかという話になり、出不精ズは
重い腰を上げました。

forvie.jpg

ものすごく近場なんですけど。こんな近場で「デート」って呼んでいいのかどうか、
わからないんですけど。

forvie4.jpg

こんな感じの道を10分くらい歩くと、

forvie3.jpg

高台に出て、

forvie5.jpg

そして更に先へ進むと砂丘が現れました。なんでも英国で5番目に
大きい砂丘地帯なのだそうです。

forvie6.jpg

砂丘を越えると、一面に広がる海。

forvie7.jpg

モノ思いにふける私の相方。

「お弁当持ってくればよかったね。」

「うん。」

でも多分、私が食べたいのはオニギリでも、彼が食べたいのはサンドイッチだ。
この人にとって、あくまで主食はご飯ではなく、パンなのだ。

普段あんまり彼が日本人じゃないことを意識しなくても、このあたりで
しみじみ、「あぁ~やっぱ違うなぁ。」と思うことがあります。

でも海が美しいと思う気持ちは、一緒。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。