2009年07月

ニューディアーショー

最近、働き虫です。ブログの更新が滞りがちですが、なんとかまだ
豚インフルエンザにもかかることなく、元気にしておりますので、ご安心下さい。

ladybug_newdeer.jpg

先週末、どんよりとした「これぞ英国」といったかんじの空の元、
ニューディアーという小さな村で開かれた、イベントに行って参りました。

miniature_horses_new_deer.jpg

ちびっ子達による、馬のリレーや、

horse_jump_newdeer.jpg

障害物越え(?)等の競技を観戦。

vintage_farm_tractors_newdeer.jpg

田舎のイベントだけに、農業用トラクターの展示もありました。

vintage_farm_tractors_newdeer2.jpg

トラクター界でも、やっぱりヴィンテージものは、カッコイイ!!

farm_machine_newdeer.jpg

最新型の、どでかいトラクターも展示されていました。一度でいいから、
こういうのを運転してみたいです。

hanging_basket_newdeer.jpg

ハンギングバスケットのコンペもあったりして。おもしろいのは、その受賞作品が、
普通に売りにだされていること。記念にとっておきたくないのでしょうか??

wool_works_newdeer.jpg

そしてまた、会場に設置されたテントの中には、心ときめくステキアイテムが
色々と販売されていました。

goat_soap_newdeer.jpg

特にこの手作り石鹸の、素朴な魅力にやられてしまい、思わず1つお買い上げ♪

他にも、ハイランドダンスや、羊の毛を刈るショーが行われたりなど、のんびり
としたペースながらも、見所満載でした。ただ、会場の地面が、かなりぬかるんで
いるので、長靴をはいてのご来場をお勧めします。

イギリス情報ランキングへ

人生経験の味わい

猫のごろりんもかわいいけど、犬のごろりんもかわいい。

crispy.jpg

先日、近所にお住まいの、シラおばちゃんデイブおじちゃんの家に、
お邪魔して参りました。

孫娘のロビンちゃん(12歳)も、夏休み中ということから、ちょうど遊びに
来ていたので、彼女と色々おしゃべりをしていたのですが、その何かの
話の節に、私の歳を教えてあげると、


「ええー!ホントに○○歳??絶対見えなーい!」


と、目を丸くするロビンちゃん。うふふ。ええ子や。

ちなみに私の相方は、彼女的に、歳相応に見えるそうです。


「人生経験の味わい(touch of experience)があるから。」


だそうです。ここでの「人生経験の味わい」は、相方の髪の間に
ちらほら見え出している、「白髪」を指します。

・・・・・なんとステキな婉曲表現。やるな12歳。

これを大人が使っちゃうと、妙に嫌味っぽくなってしまうのだろうけど、
子供が使うと、実にサワヤカ。

言葉は難しい。大人になればなるほど、その意味が、その解釈が、
必要以上にどんどん複雑化してしまうような気がします。

flowers_for_no_reason.jpg

だから時には、言葉以外での表現が、一番良かったりするのだと思います。

「記念日でもなんでもない普通の日」に贈られる花束は、乙女の心を
わしずかみにします。チョコレートでもオッケーです。

イギリス情報ランキングへ
↑ちなみに、なんでもない日の贈り物は、男心にもグッとくるそうです。
大切な方に、是非。ついでにこちらも、ポチッと(笑)

手の平の矛盾

うちの庭には、モグラさんが住んでいます。前の記事に書いた作戦により、
一時はお引越し頂きましたが、やはりしばらく経つとまた戻って来てしまうのです。

「庭の景観を乱す」という点を除いて、特に害の無い動物なので、むやみに殺して
しまうのは、個人的に抵抗があります。そういった経緯から、芝生エリア以外の
ところでは、住んでもらって構わないという妥協点を見出し、今ではモグラさん達との
平和な共存生活が続いています。

mole_hand.jpg

そんなモグラさん達は、一緒に住んでいるとはいえ、地下に住むという生態から、
その姿を見せることは、めったにありません。ではなぜ上の写真が撮れたのかというと、
この子がもう息をしていないから。

田舎での生活において、動物の死は、とてもリアルで、身近なもの。
庭に動物の亡き骸を見つけることは、そう珍しくありません。

しかし田舎に限らず、都会だって、死にあふれています。スーパーに行けば、
そこには肉という名の下に、動物の亡き骸が売られているのだから。
ただ、死のリアルさが、薄まっているだけのこと。それだけのこと。

賞味期限を過ぎた肉をゴミ箱に捨てることはできても、この手の平の
モグラさんの遺体を、ゴミ箱に捨てることが、どうしてできないのか?

庭にこの子を埋めながら、自分に矛盾を感じました。

イギリス情報ランキングへ

BBQパーティー

去年と同様、誕生日祝いを兼ねた、ポールとヒューの家でのBBQパーティーに
お呼ばれしたので、行って参りました。

miko_summer_2009.jpg

愛犬のミコが、一回り大きくなって、なんだか色っぽくなっていたような・・・(笑)

ポールとヒューも、私達と同じ頃に引っ越しをしたのですが、もう彼らの家は
ばっちり皆をおもてなし出来るようになっています。私達のとことえらいちがい!

pnh_bbq_2009.jpg

昨日はまさに快晴でした。最近良い天気が続いています。

paul_hammock_2009.jpg

地面に近すぎるのではないかと、皆に突っ込まれていたハンモック
ですが、めっちゃ気持ちよさそう!

こういうのがしっくりくるのも、手入れの行き届いた庭があってこそ。
ポールとヒューには、「男性の体力」と「女性の精神力」が兼ね備わって
いるような気がします。そんな二人は、私の中で、憧れ的存在の、
無敵カップル。

ともかくも、早くうちだって、ちゃんと人をおもてなし出来るような家にしたいです。

イギリス情報ランキングへ
↑去年も同じような事を書いていて、あんまり進歩のない私達ですが、
ポチッと上のバナーを押してランキングの応援をよろしくお願いします^^

刺激になる日

昨日、用事があって、田舎からアバディーンまで出て参りました。

abdn_artg_lauren_child.jpg

街に出ると、そのついでに必ず寄るのが、美術館。庶民に優しい、
入場料無料が魅力です(笑)現在、Lauren Child展を催しています。

abdn_art_g.jpg

館内は撮影禁止なので、写真は残っていませんが、もうなんというか
童心に返って、目をキラキラさせながら観てしまいました。個人的にすごく
刺激をうけた、今回の展示です。

そういえば私も、いつか絵本作ってみたかったんやん。何やってんの私?

みたいな、そんな感じで、青春ドラマばりに、「忘れてた何か」を思い出した
ような気分になりました(熱)お勧めです。機会があれば是非見に行って
みて下さい。大人も子供も楽しめると思います。

candy_trinity_ctr.jpg

童心に返ったついでに、ショッピングモールで売られている、カラフルな
お菓子に惹かれてしまいましたが、悲しいかな大人の脳みそを持った私は、
「体に悪そう」という冷静な判断を下し、買うのをやめておきました。

田舎暮らしもいいけど、やっぱり街に出るのは刺激になるので、
これからはもっと定期的におでかけしようと思います。

イギリス情報ランキングへ
↑ランキングの応援、有難うございます^^
| ホーム |