2009年10月

雨降り週間

私は、雨が嫌いです。

正確に言うと、雨の日に出掛けるのが、嫌いです。

先週、私の住む、スコットランド東北部では、一部の道路が洪水で
一時閉鎖されるほどの大雨でした。

こんな時、できれば家を一歩も出たくない。

一秒たりとも出たくない。

だけど、バイトに行かなければならないし、あと、友人カップルの2週間の
ハネムーンのうち、後半の1週間は、私が2人のペットのうさぎちゃんの面倒を
みることになっていたので、家にひきこもってるわけにもいかず・・・。

仕方なく、かなり低めのテンションで、レインコートをはおり、スクーターにまたがる私。

雨ザーザー。

風ビュンビュン。

・・・最悪だ。

自分勝手ながらも、うさぎちゃんの面倒みるのを引き受けたことを、小さく後悔。
友人宅に向かう約4キロの道のりが、これほど長くかんじられたことは、今まで
あったでしょうか?

もう嫌や・・・・・

こんなのやってられ・・・・・

sherbet.jpg

る!

やってられる!

sherbet_loves_attention2.jpg

実は今まで家にお邪魔しても、チラッとみる程度で、こんな風にふれあうのは
今回が初めてだったんですね。

なでてあげたら、顔をグリグリすり寄せてきて、かわいい(*´ェ`*)

「干草と、ペレットさえあげておいてくれたらいいよ~。」

なんて、友人は言ってたけど、2日、3日と、この子に会う回数が増えるごとに、
どんどん情がうつってきてしまう私。なんか、もっと彼女のために何かして
あげたいという気になって、

sherbet_food.jpg

彼女のごはんの準備に気合いがはいる私。

しいていえば、相方が出張中なのをいいことに、つくりおきのカレーを
電子レンジでチンして食べてる自分のごはんよりも頑張ってる気がする。

いいのか、私?

sherbet2.jpg

いいともー。

イギリス情報ランキングへ

手作り味噌ラーメンとアンティーク

この間、はじめてスープから中華麺まで、一から自分でラーメンを作ってみました。

miso_ramen.jpg

スープのレシピはこちらを参考にしたのですが、豆板醤がなかったので、
普通の味噌に生唐辛子を刻んでいれたものを代用しました。参考にした
とはいっても、ちゃんと分量をはかったわけでなく、テキトーに目分量で
やったら、案の定スープの量がすくなくて、汁気のないラーメンになりました^^;
でも味的にはかなり美味しかったので、今度また挑戦しようと思います。

中華麺のレシピはこちらを参考にしました。パスタマシーンを使うと、
思ったより簡単に出来るので、試してみてください!

中華麺作りに必要なのは、かんすい。重曹でも代用できるそうですが、
やっぱりかんすいを使うとコシがちがうそうです。

なので、前回日本に帰国した時に、ダメもとで実家の近くの人気ラーメン屋さんに、
かんすいを分けてもらえるかどうか、電話で聞いてみたら、

「いいっすよ。」

と、あっさりオッケー。

さっそく店に向かい、

「すみません、先ほどお電話させて頂いた者ですが・・・。」

と、お店のおばちゃんに言うと、

「はい、店長呼んできますね・・・・・店長~かんすいの女性が来てますよぉ。

とか、もうすでに私に「かんすいの女」という新しいニックネームがつけられていました。
店の奥からだけど、おばちゃんの声が大きくて、聞こえてた。

postal_scale_kansui.jpg

重さにして約700グラム、ラーメン240食分相当です。

「おいくらですか?」

と聞くと、

「あーいいです、いいです、安いモンなんで。美味しいラーメン作って下さいね。」

と言って下さるではないですか。ええ人やー。

ただ、フツーのビニール袋に入れてくれていたので、スコットランドに持って帰ってくる時、
見た目かなーり怪しいかんじでした。袋に入った白い粉・・・かばんをチェックされたら、
絶対別室に連れて行かれるなぁなんて思ってたんですが、無事、かばんを開けられる
ことなく関税を通過しました。ホッ。


***


2枚目の写真に写っているはかりは、昔郵便局で使われていたという代物。
相方両親が、アンティークを売る商売をしていて、先日、その売れ残りを
いっぱいもらったものの中の一部です。おもりがおおざっぱで、あまり実用向き
ではないものの(今回無理やり使ってはみましたが・・・)、かわいいので、
気に入ってかざってます^^

japanese_antique_bowl.jpg

ステキだけど、こういう小鉢とか、私、割る自信があるので、普段には使えそうに
ありません。ちなみに上の写真のどんぶり鉢は、ジャスコで確か一つ780円だった
やつです。このあたりのレベルが、私向き。

doggy_nutcracker.jpg

一番のお気に入りは、この子です。くるみ割りわんこ。しっぽをあげると口があく
仕組みになっていて、めっちゃカワイイ!!しかもちゃんと実用で使っていけそうな
かんじ。私、普段オヤツにくるみポリポリ食べたりとかしないけど。この子を
使うためなら、くるみのはいったケーキとか、パンとか焼いてみようかという気に
なってきました。

イギリス情報ランキングへ
↑ランキングの応援、ありがとうございます^^

ブログの記事にする基準

バイト先に向かう二階建てバスの上から見た、朝日。

sunrise_winter.jpg

かばんからカメラを出すのにもたついて、撮りそこなったけど、
実はこの朝日に、「>」の形をした鳥の群れが重なっていて、
ものすごくきれいだったんです。

「>」が指す先は、もちろん南。スコットランドは、もうすっかり冬です。

ブログをさぼってる間に、夏が終わり、秋を通り越して、冬が来てしまったかんじ。
いっぱいネタがたまってるはずなのに、時が経つと、どれもこれもつまらない
ような気がしてきて、なんとなくブログの更新が億劫になっていました。

escapy_sheep.jpg

実は、「もういっそブログ辞めちゃったほうが、ええんちゃうか?」とか思ったりもしました。

duffy_beach_holiday.jpg

でも、一見代わり映えのないような日常でも、全く同じ日なんて、一つも無いわけで。

eating_tree_cows.jpg

普通の日も、見ようによっては、特別な日になるわけで。

view_from_mparents_place.jpg

だから、これまで通り、たとえ「つまんないかもしれない」と思うことも、
「書きたい」と思ったら、深く考えずに書いていくことにしました。

birthday_cake_2009.jpg

時は止まらないし、どんどん年は私を追い越していく中、あまり頻繁には
更新出来ないかもしれないけど、それでも懲りずに時々見に来て頂けたら、
とても嬉しいです。

これまで通り、もとい、更に地味さパワーアップで、頑張ってみます。

イギリス情報ランキングへ

結婚式

先日、同村に住む友人カップルの結婚式に行って参りました。

cute_boy_in_kilt.jpg

スコットランドの結婚式では、私の大好きなキルトを着た殿方がいっぱい。
特に小さい男の子のキルト姿が、か・わ・い・い(*´ェ`*)←本気で私の顔がこんなだったと思う

chapel_of_garioch.jpg

こんなかんじの趣のある教会で式が挙げられました。

rnh_wedding2009.jpg

感極まって、声を詰まらせる新郎。一方花嫁は、全然平気(笑)
夫婦というものは、どっちかが強くないとダメなのかもしれません。

披露宴は、ピトドリーハウスへ場所を移したのですが、折角だから、
泊りがけにしようということで、部屋をとりました。

pittodrie_house_room.jpg

古い洋館を改装したホテルだけに、館内が迷路みたいで、迷子になりそうでしたが、
なんとか無事に部屋を発見。広くてなかなかステキなお部屋。

pittodrie_house_room2.jpg

田舎者丸出しで、写真を撮りまくり(笑)

Bennachie_2009.jpg

部屋の窓からベナーキーの丘が見えました。この日はお天気に恵まれて、
まさに結婚式日和。

bum_chin_weddingday.jpg

そりゃ相方のおしりあごも光るってもんです!!

pittodrie_house_ballroom.jpg

秋らしい色で統一された活花がよく似合う、品のある披露宴会場。でもスピーチと、
食事が終わった後は、テーブルがかたずけられ、皆踊りまくるというのが、
やっぱりお約束。私、ダンス苦手なんですが、この国にいたら、これを避けて
通れないのが難点。でも下手なりにやってみると、案外楽しかったりして(笑)

rnh_weddingcakecut.jpg

2人の特別な日を、シェアしてくれてありがとう。
これからも末永くお幸せに!!

イギリス情報ランキングへ
| ホーム |