2010年01月

豚まんの作り方

空以外の、なにもかもが、白い。

snow_fddrt_jan10.jpg

マイナス気温が続くこの極寒の地で、私の頭から離れないのが、

butaman_chang.jpg

そう、豚まんちゃんへの熱い想い。

一度「食べたい」と思い出すと止まらない。

当然こんなスコットランドの片田舎に、コンビニや、豚まん屋さんがあるわけ
ないので、食べたいと思えば、自分で作るしかありません。

ちょっと時間のかかるこの作業ですが、この大雪で、ヒマなので、久しぶりに
作ってみました。

このレシピを参考にして、家にある材料で、私なりにちょっとアレンジ
したものです。大阪の阪急十三駅の近くにある豚まん屋さん並に(店の名前ド忘れ・・・)
美味しいのが出来るので、ぜひお試し下さい。

材料 8個分

皮:
Plain Flour 300g
Caster Sugar 40g
塩 少々
Fast Action Bread Yeast 4g
牛乳 40ml
ぬるま湯 100ml
Goose Fat 15g

肉あん:
干しシイタケ 2個(もどしたもの)
Bamboo Shoots・Water Chestnuts 約70g(Blue Dragonの缶半分)
玉ねぎ 小1個
ゴマ油 1tsp
Muscovado Sugar 1tbs
酒 1.5tbs
醤油 0.5tbs
オイスターソース 2tbs
豚挽き肉 230g
塩・こしょう 少々
Corn Flour 0.5tbs

1)皮の粉の材料を混ぜ合わせます。混ざったら、牛乳と、ぬるま湯を加え、
よくこねます。ひとまとまりになったら、Goose Fatを入れて、更にこねます。
表面がなめらかになったら、丸めて、固く絞ったぬれフキンをかけて、
発酵させます。

2)干しシイタケ、Bamboo Shoots、 Water Chestnutsと玉ねぎをみじん切りに
して、熱したフライパンにごま油を入れて、玉ねぎが透き通るまでいためます。
Muscovado Sugar、酒、醤油、オイスターソースで味付けて、更にいためます。

3)ボールに豚挽き肉、塩・こしょう・Corn Flourを入れ、冷ました2を加えて
混ぜます。

4)1の皮で、3を包んで、発酵させた後、強火で15分ほど蒸したら出来上がり。

5)独り占めせず、仲良く食べましょう。

butaman_chang2.jpg

フッカフカのモッチモチで、めっちゃ美味しいです。店開けるんちゃうかと
思います(またそれか、私)。皮で具を包むのが、なかなか難しいので、
私の写真みたいな、ちょっとイビツなのになりがちですが、味さえ良ければ
いいんですよ!きっと!!

ちなみに、Water Chestnutsは、省いても大丈夫だと個人的に思います。
Bamboo Shootsじゃなくて、メンマを使うと、更に美味しいです^^

イギリス情報ランキングへ
スポンサーサイト

両刃の剣

うちの裏口にある、しがない外灯に、つららが出来て、えらくゴージャスな
シャンデリアみたいになってます。

icicle_chandelier.jpg

ステキじゃないですか??

早くあったかくなって欲しいけど、あったかくなったらこれは溶けてしまうの
だと思うと、ちょっと残念だったり。

garden_080110.jpg

雪が積もりに積もって、うちの庭が、どこかのスキー場みたいになってます。
軽く自宅軟禁状態が続いている今日この頃ですが、四駆持ちのエードリアンや、
同村に住む友人カップルの助力を得て、なんとかやってます。

田舎に住んで、2年目を迎えましたが、やっぱり四駆持ってないと、かなり
キツイどころか、危険なことが判明したので、うちもアップグレードする
こととなりました。

相方、大・興・奮。

・・・なんで男の人って、車好きが多いんでしょうかね。

icicle_curtains.jpg

おニューの愛車に、つららが刺さったら、どうする?


イギリス情報ランキングへ
↑ランキングの応援どうもありがとうございます^^
おかげさまで、この雪の中でも心はぽっかぽかです。多分。

雪やどり

あけましておめでとうございます。良いお正月を過ごされましたでしょうか?

突然ですが、新年記念に、ここでクイズです。これ↓は誰の足跡でしょう。

rbbt_footprints.jpg

正解は・・・




うさぎさんでした。

さて、引き続きましては、第2問!

mggy_footprints.jpg

正解は・・・




うちの猫でした。

そっこーで家に帰ってきましたけど。早っ。みたいな。

sheep_field_060110.jpg

ちょっとはタフな羊さん達を見習ってほしいものです。

sheep_field_060110_2.jpg

そんな感じで、雪景色の写真を撮っていたら、隣人のエードリアンおじさんに遭遇。
しかしこの方、極めて謎な事にこんな雪の中、台車に瀕死状態の羊さんを乗せて、
運んでいるではないですか。

何があったのか、尋ねてみると。

「一緒にバハマかどこかに、俺と駆け落ちしないか?結婚して、海辺の家で暮さないか?」

と、私の質問を完全に無視して、衝撃のプロポーズ。いや、冗談ですけどね。
隣人歴2年目にして、この人の言うことの半分以上は、テキトーに流しておくのが
一番だと心得ているので、

「いいんじゃないスか。」

と、軽ーくかえす私。彼と一緒かどうかは別として、バハマ行きは微妙に賛成だし。

sheep_field_060110_3.jpg

で、話は羊さんに戻り、詳しく事情を聞いてみると、どうやらこの子が、柵の
金網に引っかかって身動きが取れなくなっているところを、助けたんだそうで。
そして牧場主の元へ、届けに行く途中だったみたいです。しかもこれが
初めてではなくて、前にも何回もあったため、慣れっこなのだとか。

カッコエエやんか、エードリアン!

バハマに一緒に行ってもええかもしれへんと、一瞬だけ思いました(笑)

sheep_yukiyadori.jpg

ともかく、雪にうんざりなのは、私だけじゃないみたいです。

春よコイ。


イギリス情報ランキングへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。