2012年06月

一期一会

すっかり半年もブログをさぼってしまいました。

krabi_monkey.jpg

ここ半年の間での目立った出来事と言えば、5月にタイと日本に里帰りしたこと
だと思います。

bangkok2012.jpg

実に8年ぶりに帰って来たタイは、ピンク色のタクシーがいっぱいで、ちょっぴり
ドキドキしました。

さてさて、私がタイに帰った主な理由は、

anch_tetsuya.jpg

この笑顔を見るため。

我が友達ながら、めちゃくちゃ綺麗でした。

いっぱいいっぱい書きたいことがあるのだけど、どう言葉にしていいか、
よくわかりません。

krabi_monkey_mum.jpg

1年くらい前に、通訳のお仕事をさせて頂いたときに、日本からいらした方が、
こちらの方へのお土産で、

「一期一会」

という言葉の書かれた壁掛けを持って来られたのですが、私、恥ずかしながら、
この言葉の厳密な意味を知らなくて、かなりしどろもどろな訳をしてしまったんですよね。
で、幸い2日間にかけての通訳だったので、翌日にきちんと説明できるよう、初日の晩に
ググったんです。それで出てきたのが、

Treasure every meeting, for it will never recur.

「二度と繰り返されることのない一つ一つの出会いを、大切にしましょう。」

これを読んだときに改めて、一期一会って、いい言葉だなって思ったんです。

krabi_view_point.jpg

私はタイで、いっぱいステキな人達に会ったし、ここでの時間が無かったら、今の私は無いと
断言出来るくらい、私の人生の中で、ここで過ごした1年間は、すごく大きな意味を持ちます。

krabi_lagoon.jpg

「折角ここまで来たから、クラビとクアラルンプールに寄ってから日本に帰ろうか。」とかいう
発想も、タイで暮らしてなかったら、恐らくなかったと思います。

petronus2012.jpg

大好きな家族や友達と一緒にいることが出来て、私はすごく、幸せな時間をすごしました。

shizuoka2012.jpg

母のマンドリンの定演も、やっと観に行くことが出来ました。

mum_score.jpg

オカン、こんな難しそうなやつ、頑張ってひいてました。

そらボケへんわ。

そらよくしゃべるわ。

と、内心思ってたけど、口には出しませんでした。(ブログには書いちゃったけど 笑)

eclipse2012.jpg

運良く金環日食まで見れたりして。(写真はその瞬間のやつではないんですが 笑)

でも、この旅から帰ってきたら、一つ、悲しい知らせがありました。

隣人のエードリアンおじさんが亡くなられたのです。

お葬式も何も終わった後に帰ってきただけに、そう聞いても、全然実感がわかなくて。

今でもまた、

「おーい。ランプのかさ頭!」

っていう野次が飛んできそうな気がして。私は、なんだか複雑な気分です。

もしいつか、バハマに行くことがあったら、私はきっと、彼からのショーゲキのプロポーズを
思い出すと思います。

変な人だったけど、いい人でした。


旅行の前後は、ほんと仕事がテンコモリで、今もかなり必死に頑張ってるのですが、
この仕事ばっかり生活を、近いうちに変えようと思っています。というか、そろそろ
フツーの生活を送りたいのです。

長くなりましたが、以上、半年ぶりの生存報告でした。


イギリス情報ランキングへ
| ホーム |