2014年05月

嬉しい贈り物

ちょっと前に、日本の家族から小包が届きました。祖国からの贈りものは基本的に何でも嬉しいのだけど、特に私の中でヒットだったものは、

sekimagoroku.jpg

切れ味抜群の包丁に、

ikanago.jpg

母お手製のいかなごの佃煮に、

sponge_20140525004710397.jpg

定番のダスキンのスポンジに、

purse_sis_handmade.jpg

姉手作りのがま口財布です。

これらの他にも、食料品がぎっしりと詰まった小包は、私の好きなもののツボを見事に押さえてくれていて、すごくすごく、嬉しかったです。本当にどうもありがとう!!

このがま口財布を見ていると、私もなんだか無性に何かを手作りしたくなってきました・・・。

姉には、子供のころからすごく影響を受けていて、今も何かにつけては姉のすることをマネしています。

お菓子にしても何にしても、姉が作るものは、ほぼ全て私好みです。その証拠に、もうかれこれ20年くらい前に作ってくれた、本のしおりも、すごくお気に入りで、大切にとってあります。

bookmark_201405260608413e7.jpg

何年経っても色あせない、斬新なデザイン!!

ちなみに、ちょっと開いた口の中が黒いのは、「お歯黒」なのだそうです。ステキだー。

*****

いつも貰ってばかりでは悪いし、私も、こちらから何か贈りたいなぁと思いつつも、日本では手に入らないものって、あんまりないですよね?・・・良い案を模索中です。


信号が一台もない通勤

日本の家族や、友達に言うと、結構びっくりされてしまうのは、通勤の道に、信号が一台もないということ。

rapeseed2014.jpg

今勤めてる会社が、海辺の小さい町にあるので、文字通り田舎から田舎への通勤。当然そこに通う道のりは、こんなかんじで、非常にのどか。

commuting_road.jpg

この道を、泣きながら車で走ってた、今週の月曜日。

涙の理由は、うちの愛猫のララミーが、日曜日の朝に、亡くなってしまったから。

仕事を休ませてもらおうかとも思ったけど、何かをしているほうが、気が紛れるし、普通に出勤することにしたんです。

でも、「笑顔つくる自信ないなぁ・・・。」「猫の調子が悪かったこと、みんな知ってるし、何か聞かれたらどう答えようかなぁ・・・」。なんて、考えていたら、通勤中に泣けてきてしまって。

会社に着くころには、落ち着いたものの、

「Did you have a nice weekend?」

という、How are you?並に、深い意味のない挨拶代わりの言葉で、

ララミーが、息しなくなって、どんどん冷たくなっていったこと。

庭の木の下に穴をほって、彼を埋葬した時のこと。

今まで何年も一緒に暮らしてきたこと。

いろんなことを思い出して、不本意にも、また泣いてしまうという失態・・・。やっぱり、一日だけ、休ませてもらえばよかったと、後悔したけど、いざ仕事を始めると、不思議と気分が落ち着いて、なんとか普通に過ごすことができました。

いっぱいいい思い出があるのに、今はそれを懐かしむ余裕はないし、時々、埋めた体を掘り起こして、もう一度抱きしめたくなる衝動にかられるけど、きっとそのうち、心の中でキチンとさよなら出来る時がくるはず。
| ホーム |