2014年11月

脱サラ

「会社辞めたい。」

そういうの、誰もが少なくとも1度は考えたり、呟いてみたりすることなのだろう。私の相方も例外ではない。

だけど、それが、

「会社辞めようと思う。」

に進展すると、どうだろうか?転職とかじゃなくて、会社辞めて独立したいと。

まぁ本気で相方からそんな相談をされるようになったのが、去年の夏頃。普通なら、めちゃくちゃ不安になるべきところなのだろうけど、不思議と、そういうのがなく、自分でもびっくりするくらいあっさり賛成。たぶん、自分自身が長年フリーランスで働いて、紆余曲折しながらも、なんとかなったというのが、大いに影響してると思う。

slogo.jpg

そしてついに、相方が長年勤めた会社を辞めて、今年の初めに自分の会社を作りました。偶然にもそれと同時期に私の就職が決まり、まさに立場逆転。ロゴのデザイン(3D版は六面体で、2D版は六角形という設定)、ドメインの登録等々、IT関連あれこれを、私もささやかながらお手伝い。

「なんとかなるやろう」が当時の合言葉(笑)

でも、いざとなったら、今住んでる家を売って、資金繰りをする覚悟もしてました。

そんな中、相方の独立を知った、付き合いの長いお客さんの一人が、遥々ドバイから訪問。長い話を一言でまとめると、「投資するぜ」とのことだ。

始めたばかりで、まだ1ポンドの売り上げもない会社に投資とか、そんな話、いくら知り合いから持ち掛けられているとはいえ、なかなか信じがたい。

damas.jpg

その上、私へのお土産として頂いたネックレスのブランド名も、まさかの「ダマス」!

もちろんその名の由来は、日本語の「騙す」ではなく、ダマスカスのダマスらしいけど、本気で騙すつもりなら、すがすがしいほどの直球だなぁと、内心思っていました。

そんな一抹の不安をよそに、話はトントン拍子に進み・・・

office_warehouse.jpg

会社の拠点となる建物を借りて、

lab_work.jpg

機材を揃えて、製品開発。

tanks.jpg

製造タンクもあとは設置を待つのみ。

今のところ、来年の春くらいには、取引できるようになりそうな雰囲気です。

そんな、嘘みたいな本当の、脱サラ物語のはじまり。


オランダ出張

相方が、海外出張するたびに、なんとなく羨ましく思っていたけど、

amsterdam2014.jpg

いざ自分が行くようになると、

「そんな華やかなものじゃないよ。」

という、彼の言葉が、身に染みて分かるようになりました。旅行は仕事ではなく、プライベートで行ってこそ、楽しいのだと。


| ホーム |