芝刈り

庭の木が、ずいぶん青々しくなりました。

early_summer_trees2009.jpg

木が芽吹いているということは、当然ながら、芝生も伸び始める時期に突入。
また週一ペースで芝刈りをしなければならなくなりました。

しんどい。

夏が来たのは嬉しくても、芝刈るのは嬉しくない。

最初のころは、刈った芝をいちいちリサイクルセンターに持って行っていたものの、
なんせ量が半端じゃない。こんなのやってられないというわけで、今では
うちからも近所の方々からも死角となっている、庭の隅の納屋裏に芝を
捨てています。あとは自然に任せるってことで!

昨日、そんな感じでいつものように刈った芝を捨てていると、

ふいに感じる、熱い視線。

feed_me.jpg

・・・・どうやら「ごはんタイム」と勘違いした、牛さん達。ちがいますよー。
誤解ですよー。えさじゃないですよー。

しかしあんまりにも切ない顔をしていたので、試しにちょっと、牧場側にも
放り込んでみたら、

yummy_lawn.jpg

食べた。

しかも結構美味しそうに。

hand_feeding.jpg

手から直接あげてみたりも。私のテンション上がる上がる↑↑

feed_me_queing.jpg

押さないで下さいね。まだまだたくさんありますから。

「芝刈りめんどくさい」から「牛さん達のためにがんばるぞ」へ、気分一新!
今年の夏は、庭関連の雑用も、ちょっと楽しくなりそうです。

イギリス情報ランキングへ
<<生存報告 | ホーム | スクーターで田舎道を行く>>