スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エゴからエコへ

私と相方は、国籍こそ違っていても、性格や、考え方が、なんとなく
似ているので、普段はあまり衝突することなく、うまくやってはいますが、
しかしやっぱり、ちょっとしたところで、意見が合わなかったりすることも、
もちろんあって・・・。

例えば、じゃがいもとか。

なぜか彼は、「じゃがいもは、芽が出たら捨てるもの」と信じて疑わず、
対する私は、「芽が出たところは、くりぬいて使う」というのがジョーシキだと
思っているわけで。(絶対私の方が正しいですよね??)

そんな感じで、あると思っていたじゃがいもが全部捨てられてたりとかして、
晩御飯の予定がくるうこともあり、私的にもカチーンとくるわけで。

しかし、大の大人が、じゃがいもで言い争っている姿は、とても見苦しい。

かといって、両者、譲る気はこれっぽっちもない。

そういった背景から、最近うちに↓こういうものが登場しました。

spuddy_bag.jpg

その名も「元祖じゃがいも袋」。

日光をさえぎり、適度な通気性を保つことで、じゃがいもの発芽、および変色を
防ぐというスグレモノ。このモサかわいいかんじが、なかなかいいと思ってます。

窓辺という悪条件すら克服し、じゃがいも1キロ、どれも芽を出したり、
色が変わったりすることなく使いきることが出来ました。

袋のついでに入手した、写真手前の白いポットに、皮をためて、
庭にある木箱に投入し、堆肥としてリサイクルなんかしちゃったりで、
エゴカップルから、エコカップルへと、ステキに変身!

家庭も、地球も平和になって、一石二鳥!

ぜひお宅にもどうぞ!

ちなみに私のバイトしてる店に売ってます。なんて、宣伝してみたりして。
・・・・・店の名前明かさなかったら宣伝にならへんけど(笑)

イギリス情報ランキングへ
↑ランキングの応援ありがとうございます^^
<<遅咲き | ホーム | 羊道>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。