兄と甥 其の5

これでようやく最終回の、兄と甥の滞在記、「家と近所編」です。

lake_adrien2.jpg

隣人のエードリアンおじさん宅には、湖付きの大きなお庭があります。

lake_adrien.jpg

その中には魚も住んでいるので、パンを片手にボートに乗させてもらいました。

lake_adrien3.jpg

兄もボートこぎに挑戦中。

丁度この時、エードリアンおじさんの息子さん家族もはるばるニューキャッスルから
遊びに来ていました。もちろんその子供達は、フツーにこの湖で泳ぐのだとか・・・。 
さすが英国っ子。体感温度が違う。

ゴムボートの他にもサーフボードがあって、子供達がそれに乗り、エードリアンおじさんが
岸から紐でひっぱって遊んだりもするそうです。楽しそう。

エードリアンおじさんが、

「タンタラタラーン♪」

みたいな感じで、歌いながら腰を振って、サーフボードに乗る様子を
ノリノリで説明する姿に、甥っ子も大ウケでして。すっかり彼のファンに
なっていたみたいです(笑)

というわけで、其の1のクイズでエードリアンおじさんを選んだ方は、
残念ながらハズレです!

doggy_adrien.jpg

息子さん家族のわんこがとっても人懐こくて、お腹をなでてくれるよう、
しきりにアピールしていました。

pond_adrien.jpg

もう一つの小さい方の池には、野生のアヒルさん家族も住んでいて、ほんと羨ましい限り。
うちもこんなステキな庭だったらいいのに!・・・まずは広さからして足りませんけど^^;

cows_n_y.jpg

だけど、うちの庭からは、牛さん達に会えます。

ちなみに指はかじられずに済みました。なので、残念ながら牛さんもハズレです!

doodle_2010.jpg

これは、ひょんなことから何かの裏紙の上で繰り広げられた、お絵かき大会。

mickey_m.jpg

何か企んでそうな、相方画伯によるワイセツなミッキーから、

doraemon_bro.jpg

悔しいけど一番ウマい、兄のドラエモンまでと、皆それぞれ頑張って描きました。

しかしながら、「のび太を描いて」とリクエストされてしまった甥っ子が、なかなか
その絵を上手く描けず、まさかの悔し泣き!皆の必死のフォローにより、すぐに
泣き止んだものの、一同騒然の出来事でございました。

というわけで、クイズの正解は、「のび太の絵が描けなかったから」でした。正解者様は、
Tsukikumoさんです!正解されたからといって、特にプレゼントはないのですが(微笑)
唯一の正解者様ということで、非常に名誉なことですよ!皆様の尊敬のまなざしが
ひしひしと感じられるではないですか!・・・多分(笑)

throwing_stuff.jpg

これ以外に、皆でうちの庭で遊んだりもしたのですが、その時、大活躍したのは、
私が1ポンド均一の店で買った、投げモノ5種の中のフリスビー。実質20ペンス。

家の中でも、

「シュッ」

「パシッ」

と、身振り口ぶりによる、バーチャルフリスビーなるものにも発展し、
まさに1粒で2度美味しい状態に。20ペンスどころか、20ポンドくらいの
価値が出たのではないかと。

bird_feeder_y.jpg

鳥さんの餌台に餌を出したり、

bro_mowing.jpg

芝刈りをしたりと、家の用事の手伝いもしてくれたりしました。

m_n_y.jpg

一応ネイティブの相方と、英語レッスンも。

後から聞くところによると、今回の旅では、うちで皆で過ごしたことが、
甥っ子的に一番楽しかったそうです。

そう言われて、嬉しいような、おでかけのプランを頑張って練ったのが
無駄になったようで空しいような、複雑な気分ですが、全体としてはいい思い出に
なったみたいなので、よかったかな??

あとは、母と姉からの預かり物も含めて、店を開けそうな勢いの量のお土産をたくさん
持ってきてくれて、どうもありがとう!!

abdn_beach_2010.jpg

またお互い日常生活に戻るけど、ふとした折に、スコットランドで一緒に過ごした
夏を思い出してくれたらいいな。

イギリス情報ランキングへ
<<大雪につき | ホーム | 兄と甥 其の4>>