スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人であること

まずはじめに、今回の大地震で被災された方へお見舞い申し上げると共に、
ご家族やご友人を亡くされた方に心よりお悔やみ申し上げます。

こちらのニュースでも、新聞でも、目を覆うばかりの災害の様子が、一面に
報道されています。引き続く余震に加え、原子力発電所の問題や、これから
3日以内に起こるかもしれない更なる大地震の懸念等、新たな情報が出てくる度に、
不安と、無力感がつのります。

そんな中、私が個人的に引っかかったのが、仙台空港内から撮られた映像。
道路が川のようになって、人が乗った車が流されていく、悲惨なもの。
その音声には周りの人達の会話も含まれていたのですが、その中ではっきりと、

「あーカメラ持ってくればよかったなー。」

という声が聞こえたのは、私だけでしょうか?

こんな状況で、そんな呑気なことを言えるのが、理解不可能なのと同時に、
その人をぶんなぐってやりたい衝動にかられましたが、ふと冷静に
考えてみたら、被災地からかけ離れた異国の地で、何事もなく暮らしてる
自分に、そんな風に責める資格なんてないことに気がつきました。

私だって、「デジイチ貯金」をこつこつ貯めるくらい、カメラ好きのくせに。

そもそもこうやって撮ってくれている人達がいるから、私も現地の様子がわかるのであって・・・。

何年離れていても、日本が故郷であることには変わりないから。
たとえこの震災で、私自身の家族や友人を亡くしたりしていなくても、
やっぱり私の日本人である部分が、痛い。

遠くに住む私に出来ることは何かといったら、色々考えてもやっぱり
寄付くらいだ。このデジイチ貯金を、私の物欲を満たすことじゃなくて、
人の役に立てたほうがずっといい。

ただ、庶民の私にとっては、汗水垂らして稼いだお金だし、手放すのには
やっぱり勇気が要ります。出来れば、ただ著名団体に寄付するのではなく、
実際に被災地で救助活動される、信頼出来る個人の方に託したいと思います。
それなら、どこかのお偉いさんのポケットに入ることは絶対にないから。

私のバイト先でも、今年はチャリティー活動をすることになっていて、
ちょうど、その寄付先を決めているところなので、頑張って皆を説得してみます。
ていうか、嫌とは言わせません。必要あらば、泣き落としで。

負けるな日本。私も負けないから。
<< | ホーム | モデルデビュー>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。