スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9

人間誰しも、何かに固執してしまうことって、あると思います。

多分私の場合それは、数字の「9」。

私は、この数字が気になってしまって仕方がない。

brewdog_ab09.jpg

例えば、株主特典でもらったボトルの名前に9が入っていたり、

platform_9.jpg

たまたま乗るつもりの電車のプラットフォームが9だったり、

house_9.jpg

家番号が9である家の前を通ったりした時とか、

1q84.jpg

とにかく、なにかにつけて、9に関係したものを見ると、どうも心がざわめくのです。

この9の病は、さかのぼること13年前、ファンクラブに入るくらい熱を上げていた
バンドがいて、そこでの会員番号が、999番だったことから始まりました。

しかも1999年に入会しただけに、更にもう2つ、9がオマケについてきて、
99H000999という会員番号を与えられたことがあるのです。

偶然と呼ぶには、あまりに出来すぎていて、私はそこに、なにか作為的なものが
働いているような気がして、ファンクラブなんてとっくの昔に退会した今でも、
この数字が気になって仕方がないのだと思います。

私の目覚まし時計が、6時きっかりではなく、わざと5時59分にセットされていたり
するのは、私が9という数字に、とりつかれてしまっているから。

イギリス情報ランキングへ
<<そこにある愛に背を向ける人 | ホーム | 一期一会>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。