スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラスゴーへ

ちょっと前の話になりますが、1泊2日でグラスゴーに行って参りました。

glasgow_burrell_collection.jpg

アバディーンからバスで揺られること3時間。グラスゴーに到着後、更にバスで約20分、
そして更に上の写真のような道を10分くらい歩いて、ようやく「バレルコレクション」
の入り口までたどり着きました。

burrell_gate.jpg

ここには、あの有名な、ロダンの「考える人」を含め、個人が集めたとは
思えないほどの、莫大な数の美術品が展示されています。

バレル氏自らの希望により、あえて町の中心から離れた場所に立てられた
この美術館。今までその不便さゆえに、行くことが出来なかったので、
今回やっと念願が叶いました。

そこで紹介されている作品の中で、家畜の面倒を見ながら、赤ん坊を
あやしつつ、糸までよっている女性を描いたタペストリーが、私的に
印象に残りました。

「忙しい」ことに、自分という人としての重要性を感じている。

それは、悲しいけど、今の社会でも、よくあること。

modern_art_glasgow.jpg

市内まで戻ってきたら、モダンアートギャラリーへ。

私は普段、モダンアートというものに、あんまりピンとこないんです。

失礼な話、「私でも作れそうだなー。」と、思ってしまうんですよね^^;

ですが、ここで展示されていた、「The Way Things Go」は、私には珍しく、
スゴイ!と思ったので、紹介させて頂きます。なんというか、
「とっても大掛かりなドミノ」みたいな作品です。



そして最後に行ったのが、閉館時間ギリギリのケルビングローブ。

なんとしてでも、ダリ画伯によるあのキリスト様の絵だけは見て
おきたかったので、滑り込みの到着!

kelvingrove_brewdog.jpg

グラスゴー弾丸美術館めぐりのシメは、ケルビングローブのまん前にある、
ブリュードッグにて乾杯!

brewdog_tokyo.jpg

グラスゴーなのに、飲んだのがトーキョーなのは、ご愛嬌(微笑)

イギリス情報ランキングへ
↑ランキングの応援、ありがとうございます^^
<<今日 | ホーム | 星に願いを>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。