アバディーンでごはん

先週末のことになりますが、またアバディーンに行ってきました。私の相方が働いてる会社と
取引がある運輸会社の社長さんが、ご飯をごちそうしてくれることになってたのです。前の記事
紹介していた、お気に入りのバー「Soul」で待ち合わせ。

soul.jpg

客層はやや年齢高め。とどのつまりバーなので、テーブルとかよく見たらちゃっちいですが、
それでもこの店の雰囲気が好きです。教会を改装した店なので、ステンドグラスもあります。

soul2.jpg

社長さんと合流して、いざレストランへ。今回は「Royal Thai」というタイ料理のレストランへ。
しかしコースメニューを覗くと、なぜか「北京ダック」がある・・・。タイレストランに、これはあり??
ともかくも注文を済ませて、料理が運ばれてくるのを待ちました。

この社長さんにごはんをご馳走になるのはこれでもう10回以上になるので、気心知れたるもの。
話題も濃かったりします。彼、めでたく先日に誕生日を迎えたらしく、もらったプレゼントの話に
なっていたのですが、なんとその中の一つが「腸内洗浄」のギフト券・・・。私、それまで英語で
「腸内洗浄」は何と言うのか知らなかったので、微妙にボキャブラリーが増えました(笑)
皆様のご参照にまで、「Colonic irrigation」です。相方からその後の補足で、「Enema」とも
呼ばれることが判明しました。余計なお世話です(笑)このあたりのボキャブラリーは、
個人的に1つで充分だと思います。やたら知ってると怪しまれそうです。

ともかくも料理が運ばれだしたので、ひたすら食べました。味は、中華にかなり偏った
タイ料理って感じです。そして気になる北京ダックは、同じくアバディーンにある「Chi」という
中華レストランと全く同じ味がしました。経営者が同一である疑いアリ。でもサービスが
良かったのでまた戻って来たいと思いました。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
<<お誕生日パーティー | ホーム | 翻訳の仕事>>