日本帰省

日本帰省 其の5

今回の帰省のきっかけとなった、友人たたこちゃんの結婚式。

wedding_white_flowers.jpg

こんなかんじの

wedding_stairs.jpg

めっちゃステキな場所で

wedding_church.jpg

式が挙げられました。

wedding_dolls.jpg

受付に、本人達にそっくりな人形が置かれていました。あんまりにも
うまく出来てるので、モザイクかけたほうがいいんじゃないかと思うくらい。
しかもこれ、驚くべきことに、たたこちゃんの手作りだったりして。

たたこちゃん、プロってるよ。すごすぎるよ。いつか私らのも作ってよ☆
・・・星付きでカワイクお願いしてもあかんかな?(笑)

wedding_table.jpg

なんでも京都御所で花見をしている時に、プロポーズされたとかで、

wedding_reception_flowers.jpg

披露宴会場では、いたるところで桜が飾られていました。

wedding_cake.jpg

ウェディングケーキにも桜の花びらがあしらわれていたり。

食事の間、新郎自らが作ったスライドショーや、恩師がギター片手に歌う
「関白宣言(一部歌詞変更バージョン)」、夫婦のピアノ連弾等、豪華ながらも、
あたたかな手作り感が漂う、めっちゃステキな式でした。

また、司会者の方から、「相手にちょっとやめてもらいたいこと」を
インタビューされていたのですが、それに対し新郎が、

「オヤツに天かすを食べることです。」

と、答えていたのが印象的でした。

tatako_ochagashi.jpg

たたこちゃんの名誉のために、一応お知らせしておきますが、
式の一週間程前、新居にお邪魔したときは、こんなにステキな
お茶菓子をご馳走になりました。決して天かすではありませんでした。


***


今回の帰国時、たたこちゃんから、私の日本語がちょっとオカシクなって
しまってることを、指摘されました。時々出てくる単語が、変であると・・・。

そういえば、披露宴の会場で、トイレに並んでる時、係員の方から、

「下の階にもお手洗いがございますので、よろしければどうぞ。」

と、勧められたのに対し、

「いえ、それほどせっぱつまってないので、大丈夫です。」

と、とっさに答えてしまった私。言ったそばから自分でも変だと思ったら、
やっぱり隣で並んでいたオネエさんにも笑われてしまいました。

もっと普段から日本語を話す機会をつくらなければなりません・・・!

イギリス情報ランキングへ

日本帰省 其の4

「家族や友達と過ごす」というのが一番の目標だった今回の帰省。

baby_sister.jpg

姉の家、兄の家にも遊びに行かせてもらいました。「載せちゃっていいよー。」
と言ってくれたので、代表で姉の息子の写真をアップ。

いやはや子供って、めっちゃかわいい!!多分、実際育てるとなると、
大変なこともいっぱいあるのだと思いますが、私の場合、こうやって、
ちょっと遊びに行って相手するだけなので、おいしいとこどり(笑)

izakaya2.jpg

友達とはひたすら居酒屋で、呑んで食べてしゃべりました。

izakaya3.jpg

居酒屋大好きです!!ほろ酔いで撮っているため、写真がブレていて
すみません(汗)スコットランドには居酒屋みたいな、レストランとバーの
中間的存在が、私の知る限りないので、そこがちょっと切ないです。
なので、日本にいる間、ここぞとばかりに居酒屋三昧としゃれこみました。

izakaya.jpg

毎回思うんですが、久しぶりに会っても、不思議とそれほど久しぶりな感じが
しないんですよね。むしろ昨日も会ったような感じで・・・。「皆やっぱり、学生の
ころからあんまり変わらへんのかなぁ」なんて話をしてたら、

「あーでもmeggymooはちょっと、丸くなったな。」

と言われました。いや、顔が、とかじゃなくて、性格が(笑)あ、ひょっとして実は
両方だったりとか??

ともかくも、丸くなっちゃった私と、呑みに付き合ってくれてありがとうね。
めっちゃ楽しかったよー^^

イギリス情報ランキングへ

日本帰省 其の3

帰国して早々に向かった先は・・・

osaka_panoramic_view.jpg

大阪が一望できる、展望台??

osaka_grave_yard.jpg

・・・ではなく、そんなステキな場所にある、祖父のお墓へ、両親と一緒に、
お彼岸のお墓参りに行ってきました。

野菜作りが大好きだったおじいちゃん。一方、典型的な野菜嫌いの子供だった私。
正直なところ、おじいちゃんがおすそわけしてくれる野菜、特に「ナッパ」と呼ばれる
代物は、おすそわけという名の嫌がらせなのではないかと、内心思っていました。

そんな私も、今では田舎に住み、自分で野菜を育てるようになって・・・。

「おじいちゃん、私ね、ここ来る前に、じゃがいもと玉ねぎ植えといてんでー。」

お線香をあげながら、そんなことを報告してたんですけど。そしたらなんか、顔を
くしゃくしゃにして、喜ぶおじいちゃんの顔が、ものすごく鮮明に浮かんでしまって、

「まだ生きてる間に、孫が野菜作りしてるなんて聞いたら、めっちゃ喜んだやろうなぁ。」

なんて、思ってしまって。そんなつもり、これっぽっちもなかったのに、泣いてしまい
ました。お彼岸のお墓参りで泣くなんて、ありえないんですけど。しかも私のオカンも
何故かつられて泣いてたりとか(笑)なんでやねんってお互いにつっこんでました。

grandpa.jpg

ま、おじいちゃんよ、私ももし相方と別れるようなことがあったら、そこにお邪魔するかも
しれないので、よろしくね。

イギリス情報ランキングへ

日本帰省 其の2

久しぶりに日本に帰ると、いつも感じること。それは、テクノロジーの進歩。

toilet.jpg

ウォシュレットは日本で今に始まったことではありませんが、それが更に
グレードアップしていたのです。トイレを流すレバーなど、もはや無く、
ウォシュレットのパネルに「小」と「大」というボタンが設置されてあって、
それを押すと流れる仕組みになっていました。で、「大」の方を押すと、
泡が出てきて、トイレを自動洗浄してくれたりなど、いたれりつくせり!
スゴイぞ日本!!

でも最初は、そうなっていることに気づかなかったため、

「トイレどうやって流すん?(´・ω・`)」

などといった情けない質問を、母親にするはめに。

しかも後ほど訪問した友人宅では、近づくと自動的にフタが開く
ようなトイレに遭遇して、

「フタが閉めても閉めても開くんやけど、どうしたらいい?(´・ω・`)」

なんて聞いて、ドン引きされてしまうはめに。

どうやら遠ざかったら、自動的にフタが閉まる仕組みになっていたらしい。
やっぱりスゴイぞ日本!!


***


あと変わったことといえば、前と比べてずっと増えた、介護関連施設。
あの焼肉屋が閉店して、介護センターに。そこのペットショップが閉店して、
介護センターに。などといった感じで、色んな所が介護センターに化けていました。

でもやっぱり数年経っても変わってないものだって、もちろんありました。例えば、

osaka_gym.jpg

ずーーーーっと気になってる、地元のスポーツジムの広告だとか。

osaka_oyaji.jpg

大阪人のおちゃめ心だとか。

いつまでたっても変わらないものがあるから、久しぶりに帰ってきても、
それほど違和感無く過ごせるのでしょうね。

イギリス情報ランキングへ
↑イギリス情報って言うより、日本情報なのですが、もしよろしければ
ポチッと押していって下さいね^^。

日本帰省 其の1

2年半ぶりに日本へ帰ることになり、ときめく胸をかかえながら、アバディーン空港
へと向かいました。スーツケースを預け、セキュリティーチェックを済ませ、
飛行機を待つ間、とりあえず一人ひそかにビールで乾杯。

abdn_airport.jpg

非常にオッサンな光景。こちらではビールは日本よりもずっと、「男性の飲み物」
であるという印象が強く、女性は、カクテルだの、ワインだの、こじゃれた飲み物を
頼むことが多いのです。でもそこを押し切って、あえてビール。

abdn_airport2.jpg

アバディーン空港を使うのは、海外線、国内線両方を含めて今回で多分6回目です。
大阪出身の私としては、この、階段から飛行機に乗り込むというのが、最初のころ
ものすごく新鮮でした。こういうのは、小さい空港ならではなのでしょうか?

plane_scotland.jpg

しばしの間、さらばじゃスコットランド!

イギリス情報ランキングへ
« 前のページ  | ホーム |