ポーランド出張

英語で出張は、Business Tripですが、大した仕事をするわけでもないのに、出張という名目でどこかに行く場合は、Galavantingと言われます。「フラフラ遊びに行く」みたいな意味だそうです。

warsaw_tower.jpg

仕事の打ち合わせの為だけだった今回の出張は、間違いなくGalavantingでした。普段頑張って働いてるごほうび旅行的なかんじです。英国は、サービス受ける側にまわると、日本じゃありえないような対応を受けることがあるのは有名な話ですが、逆に自分が働く側にまわると、普通に仕事するだけで、素晴らしいと思ってもらえるという利点があります。

warsaw_from_tower.jpg

タワーに上って観光気分。

warsaw_shopping_mall.jpg

ショッピングモールものぞいてみたら、英国よりも小さいサイズの大人服が豊富な印象。物価も安いし、次は買い物目的で来るのもアリかもしれない。

warsaw_buildings.jpg

都会だー。

guys_and_beers.jpg

ビールジョッキでかっ!

old_town_christmas_tree_poland.jpg

クリスマス後の12日以内にクリスマスツリーをしまわないと縁起が悪いという迷信は、この国では広まってないらしい。1月の半ばだというのに、まだクリスマスの雰囲気が漂ってて、なんとも不思議な気分。

warsaw_old_town.jpg

戦争時に多大な被害を受けた、ワルシャワ。オールドタウンと呼ばれるエリアでは、建物に弾丸の跡が残っています。

warsaw_view_from_hotel.jpg

飲んで、食べて、喋って終わったような今回の旅だったけど、次来る時は、ショパンの生家を見に行ったり、じっくり買い物を楽しもうと、心に決めました。ちなみに現地では、ショパンじゃなく、チョピンと呼ばれているらしい。ちょぴん。。。


写真で見る一年

2014年の大晦日に見た夕日は、この年で一番きれいでした。

sunset_2014.jpg

おまけに「メェエー、メェエー」と、来る年の干支のコーラス付き。

sunset_2014_2.jpg

個人的に色々あったこの年を、写真で振り返ってみたいと思います。

Laramie_last_spring.jpg

まず一番に思い浮かぶのは、この年の春に死んでしまった、うちの愛猫のララミーのこと。相方脱サラで、引っ越すことになる可能性がなきにしもあらずだった頃。「ここで過ごす、最後の春になるかもしれない」と言っていたら、本当に彼にとって最後の春になってしまったという皮肉な結末。でも、長生きしたし、田舎生活も満喫して、彼なりにいい生涯を送ったと、そう信じています。

mound-of-gravel.jpg

秘密兵器まで投入して作った菜園コーナーの見栄えをよくするために、私が注文した砂利、約11トン。なんか見覚えのある景色だなぁと思ったら、数年前に相方が10トンの土を注文したことがあったのに気がつきました。長く一緒にいると似てくるって、本当だ!なんとなく、10トンくらいでいいやろうって感じで注文してた。で、1トンおまけしてくれたので11トン。

veg_garden.jpg

そんなこんなで、夏頃にはこんなかんじに仕上がりました。

herb_garden.jpg

中でもハーブ類がよく育って、料理に大活躍。多年草のものばかり植えたので、これから先何年も収穫できるはず。

beach_md.jpg

新しい職場が、海辺にあるので、晴れた日のお昼休みは、お弁当片手に海を眺めに行ったりしました。

lighthouse_md.jpg

運がよければ、岸からでもイルカが見れるらしい。私も、今年こそは見れるといいな。

boat_fest.jpg

この仕事のおかげで、色々と外に出る機会が多くなったのが、私にとって、大きな変化です。

curry_sausage.jpg

プライベートでもベルリンに行ったし。

work_2015.jpg

そして、仕事をする単位が、ピクセルからメートルに代わり、自分のデザインするものが、大きく形になるのがすごく嬉しかったです。その反面、「ここをこうすればよかったな」と、反省する点も多々あったので、この年に学んだことを生かして、もっといいものが作れるように頑張ろうと思います。

norway_piano.jpg

ノルウェーでのイベントの時、物価の高いこの国での宿泊費を押さえるために、一軒家を借りてそこで皆泊まるというスタイルだったんですが。そのこじゃれた家にたまたまピアノがあったのがきっかけで、無性にまたピアノが弾きたくなってしまい、

keyboard.jpg

屋根裏から昔相方が使っていたキーボードを出してきて、時々弾いています。よく考えてみると、20年近くのブランクがあるけど、結構指が覚えていてびっくり!今年はちゃんと88キーとペダルがそろってて、キーに重みのある電子ピアノを買って練習する予定。で、また弾けるようになって、なおかつ相方の会社がうまくいってたら、本物のピアノにアップグレードできたらいいな。

d_wedding.jpg

音楽といえば、相方の元バンド仲間のダニエルも結婚しました。結婚しなさそうなキャラだと思っていたので、意外な展開。

sunset_2014_3.jpg

私も、私の周りの人も、空も変わっていくけど、変化があるからこそ、生きていて楽しいんだと、そう再確認した年末。


今年最後の出張と、会社のクリスマスパーティー

早いもので、今年もあっというまにクリスマス。思い返せば、色々と変化に富んだ年でした。

santa_cup_costa.jpg

今年の1月から新しく始めた仕事も、無事に一年を終え、現在クリスマス休暇中。よく人から、「就職するの?忙しくなるねー。」と、言われたりしたけど、フリーランスの仕事とバイトを掛け持ちしてた頃のほうが、よっぽど大変だったというのが、個人的感想です。この時期に働いてないのって、ほんと久しぶり。会社員さいこー。

glasgow_trip_2015.jpg

今年最後の出張は、グラスゴー。新しい仕事のおかげで、出不精な私の行動範囲も広がりました。来年こそは、プライベートでも、フットワークを軽くしていきたい。

norwood_dining.jpg

会社のクリスマスパーティーは、パートナー同伴で、Norwood Hall ホテルにて。この国でよくありがちな、「コース料理の後に、テーブルが片づけられて、大音量の音楽の元、ガンガンに踊る」という類のパーティーではなく、

norwood_fireplace.jpg

薪がパチパチ燃える音を背景に、皆でマッタリと飲むという、大人なノリが、新鮮でした。こういうのもあるんやー。

norwood_room.jpg

ついでに、同ホテルの宿泊付きという、大盤振る舞い。写真撮るからどいてって言ったのに、動かなかった相方。

norwood_hotel.jpg

バスタブと、シャワーが別々になってて、快適でした。ふかふかのバスローブがついてるのもポイントが高い。アバディーンにお越しの際は、お勧めできるホテルです^^


« 前のページ  | ホーム |  次のページ »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。